男友達を作ることは難しくない|男友達を作る簡単な方法

男女共通の悩みではありますが、どちらかと言えば男性よりも女性の方がこういう悩みを抱える人が多く、「男友達ってどうやって作るの?難しすぎる」と頭を抱えます。

しかし一方では、社会人になってからも男友達に囲まれて、楽しい日々を送っている女性もいます。

実は「男友達が簡単に作れる女性」と「男友達が作れない女性」では、性格や環境などに大きな違いがあります。

男友達を作るために必要なことは下記を意識して、実際にアクションする行動力さえあれば男友達を作りやすくなります

  • 男性と接する機会(環境)
  • 男友達を作るために”行動”すること
  • 男性が話しかけやすい態度や言動を意識すること
  • 何か夢中になれるものを探してみる

男性に不慣れだと自覚している場合、男友達をいきなり作ろうと考えているがために出来ないケースが多いもの。

  • 男性と話す機会を増やしてみる
  • 普段は参加しないイベントに参加してみる

こうした小さな目標を立て、段階的に男性と接する機会を増やし、慣れていくことで、自然と男友達が出来きます。

男友達を作るのは行動さえ起こしてしまえば意外に簡単なものです。

互いに尊重し合える異性の友人は、得難い経験や考え方を与えてくれるもの。ぜひ人生を豊かにしてくれる男友達を作ってみてください。

男友達を作ることは難しくない!重要なのは「作れる環境」

男友達を作る方法やできない人の特徴を解説する前に、話しておかなければならないのが「あなたを取り巻く環境」についてです。

同性からみたとき、やたらと男友達が多い女性はいませんか?

男友達が多い女性にはいくつかの共通点がありますが、「男友達を作りたいのに作れない人は環境に恵まれていない」という可能性が非常に高いです。

男友達を作りやすい性格や特徴を備えていても、男性と知り合う機会そのものが少なければ男友達を作るのは難しくて当然です。

  • 職場の男女比率はどうなのか
  • プライベートで合コンや街コンによく参加するか
  • 複数の友人と遊ぶ機会は多いか
  • マッチングアプリを活用しているか

上記のように「日頃から男性と接する機会が多い環境の中で生活している女性」「積極的に男性と知り合う場へ足を運ぶ女性」は、自然と男友達が作りやすくなるということを、覚えておいてください。

では、本題である男友達を作る方法から解説していきます。

男友達を作るのが難しいと感じる人のための「男友達を作る2つの方法」

下記表2項目についてそれぞれ解説していきますが、どれも取り組みやすく効果が大きいものです。

男友達を作る方法 取り組みやすさ
環境の改善/機会を増やす 少々勇気が必要だが効果は絶大
笑顔と積極性を意識する 非常に取り組みやすく効果が大きい

男友達を作る方法「環境の改善/機会を増やす」

「環境はとても重要」と先述した内容を掘り下げます。

「自分の置かれている環境は男性と接する機会が少ない」と感じるのであれば、環境を整えてみてください。それだけでも異性と接する機会が大きく増えます。

環境を整えるとは、男性と関わる機会をアクティブに増やすということです。具体例として以下があります。

  • 社内イベント、地域イベントに参加してみる
  • SNSやオンラインサロンなどで男性と接する機会を増やす
  • 合コン、街コンに参加する
  • マッチングアプリを利用してみる

可能であれば、友人関係を構築しやすい職場の仲間や共通の趣味から、男友達を探す方法がおすすめです。

仕事や趣味の話題は、お互いに異性を意識しなくても盛り上がり、純粋に楽しい時間を過ごせる男友達が見つけやすくなります。

あくまでも男友達を作ることが目的なので、合コンやマッチングアプリでは「友達が欲しいだけ」というスタンスを、あらかじめ相手に伝えておくと安心でしょう。

「どのマッチングアプリを使えばいいか分からない」「使ったことがないから不安」という人向けに、信頼できるアプリをまとめました。ぜひ参考にしてください。
>>> 信頼できるマッチングアプリ

男友達を作る方法「笑顔と積極性を意識する」

表情が暗いとそれだけで男性は声をかけづらいと感じるもの。

真顔でいるだけで「怒ってる?」とか「機嫌悪いの?」と男性に聞かれた経験はありませんか?

何気ない話題でも良いので自分から話しかける積極性が持てればベストですが、「恥ずかしくて話しかけるのはちょっと……」という方は、笑顔を絶やさないように意識してみましょう。

男性から話しかけやすい雰囲気を作れば、確実に会話の機会が増えて男友達を作るチャンスが広がっていきます。

とにかく行動を起こす

実も蓋もない答えですが、男友達を作るために最も重要なことは「行動すること」です。今現在、この記事を読んでいるのも立派な行動の一つ。

男友達が出来ないと悩み、ネットで検索をしてこの記事に辿り着いた行動力を、あと一歩だけ踏み出してみてください。

男性と接する機会を増やしてみる、日ごろから笑顔を意識してみる。

ささいな変化からでも良いので、行動を起こすことが男友達を作るために最も有効な手段となります。

男友達が作れないと悩んだ時はセルフチェック

男友達が欲しいけど、作るのが難しくて悩んでいる時は自分の気持ちと向き合い、どうして男友達が欲しいのかを考える時間を作ってみましょう。

自分がなぜ男友達が欲しいのか?を冷静に考えてみることで、悩みが解消されたり改善策がみえてきたりします。

男友達が欲しい理由とモチベーションを考えてみる

男友達が欲しい理由にはどんなものがあるでしょうか。

  • 女同士よりサバサバした関係性で気持ちが楽
  • 男性の気持ちが分かるようになる
  • 異性からの意見やアドバイスが得られる
  • 恋愛に疲れたから友達として男性と関わりたい

男友達を作るメリットとして考えられるものは色々ありますが、その理由をもう少し深く考えてみると見える景色が変わってくるハズです。

サバサバした友人関係に憧れているのであれば、男友達にこだわる必要性はありません。

男性の気持ちを知りたい、異性の立場からの意見を聞きたいという願望が強い女性は、裏を返せば男性に不慣れだったり、恋愛経験が少ないケースが多いもの。

もし男性と接すること自体が苦手だと自覚しているのであれば、無理に男友達を作ると考えずに小さな目標を立てていく方が建設的です。

  • 職場の男性社員に話しかけてみる
  • 普段は参加しない会社のイベントや研修に参加してみる

男友達を作るんだ!と意気込まずに、その前段階として男性と接することに慣れることから始めると、結果的に男友達が作れるようになります。

甘えたい、優しくされたいはNG

男友達が欲しい理由を考えた時に「男性からチヤホヤされたい」「甘えたい」「優しくされたい」と考えているなら注意が必要です。

男女の友情は同性と違って簡単に壊れやすい危うい関係性。

良好な関係を継続するために重要なことは、お互いに尊重し合う対等な関係性が必要です。

もし男友達に優しさや甘えさせてくれる度量を求めているなら、その関係性は対等ではありません。

男友達に色々な要求をしてそれを受け入れた先には「こんなにしてやったのだから」と見返りを求められたり、恋心を抱かれてしまう危険性があります。

悪い言い方をすれば都合のいい男友達が欲しいということです。

男友達を作って利用しようと考えていると、男性側から思わぬしっぺ返しを受けたり、トラブルに発展しかねないので注意してください。

男友達を作るのが難しい女性の共通点とは?

男友達を作る為には、男性と知り合う環境はとても需要です。

職場では男性に囲まれてるけど男友達なんて出来ない!と悩む女性も多くいます。

男友達を作る上で環境が重要だということは確かですが、男性と接する機会が多くても男友達が作れないと悩む方には、別の原因を疑う必要があります。

男友達を作れないと悩む女性にみられる共通点をまとめました。

男友達を作るのが難しい女性の共通点「異性に対して免疫が無い」

男友達が出来ないと悩む女性に多いのが、男性慣れしてなく異性に対して過度に意識をしてしまうタイプです。

学生時代は女子高や女子大など、異性と接する機会が極端に少なかった人や恋愛経験が少ない女性はこの傾向が強くなります。

男友達とは基本的に性別が違うだけで、あくまでも友達として付き合うもの。
お互いに異性であるという認識が希薄だからこそ、成立する関係性とも言い換えることが出来ます。

しかし、男性と接する機会や恋愛経験が極端に少ない女性の場合、男性を異性と強く意識してしまう免疫の無さが原因で男友達を作りにくくしてしまっています。

女友達が欲しいと割り切っている男性は、必要以上に異性として意識されてしまうと距離をとってしまいがち。

その男性の性格や考え方にもよりますが、基本的に男性は気の無い女性から異性として意識されると面倒くさいと考えます。

男性側も女友達が欲しい場合は、良い意味で異性を感じさせない女性を求めているため、異性として過度に意識する女性は男友達を作るのが難しいのです。

男友達を作るのが難しい女性の共通点「自己否定感が強い」

自分自身に魅力が無いと感じている自己否定感が強い女性も、男友達が作りにくい傾向にあります。

容姿に自信が持てず「私なんて男性から興味を持たれるわけがない」と強く思っていませんか?

自己否定感は「異性に興味を持ってほしい」という強い願望の裏返しという一面があります。

容姿を気にして男性を遠ざける方は、結局のところ男性を強く意識しているので、男友達を作るのが難しくなります。

何事にも自信が持てずに「私なんて……」と口にしてしまう人を友達にしたいと思う人は少ないもの。

会うたびに愚痴や自己否定の言葉を繰り返す人と積極的に関わりたいと思うでしょうか?

恋愛感情抜きで女友達を作ろうという男性は、大前提として「一緒にいて楽しいかどうか」を重要視しています。

男友達を作るのが難しい女性の共通点「他人と関わることに消極的」

社会人になると自分が関わる人間をある程度選ぶことができます。
極端に言えば、業務や生活で必要最低限にしか他人との関わりを持たなくても、生活自体は成り立ってしまいます。

特に最近はインターネット回線さえあれば一日中誰とも関わらずに買い物や動画を楽しめてしまうため、元から消極的な人は余計に他人と関わらないようになってしまいがちです。

いくら男性と接する機会が多い環境下にあっても、積極的に他人と関わりを持たなければ男友達を作るのは非常に難しいものになってしまいます。

「声をかけてくれる男性がいても、自分から話しかけることは一切しない」

これではせっかく男友達を作るチャンスがあっても自ら放棄しているようなものです。

男性は意外に繊細なので、女性側から話しかけてもらえない状況が続くと「近寄りがたい」「嫌われているのかも」と誤解してしまい、話しかけてくる頻度も減ってしまいます。

心の中でいくら男友達を作りたいと思っていても、男性側から話しかけてくれるのを待つだけでは、男友達を作るのはかなり難しくなるでしょう。

男友達が多い女性にはどんな共通点があるのか?

逆に男友達が多い女性にみられる共通点を紹介していきましょう。

男友達が作れないと悩んでいたとしても、これから紹介する共通点に当てはまる項目が多いなら、環境さえ整えればすぐに男友達ができる可能性が高いです。

男友達が多い女性の共通点「自分の意見やポリシーを持っている」

先程紹介した男友達が作れない女性の共通点を読んでいて「自己否定して何が悪い!自意識過剰よりはマシでしょ!」「無理して他人に合わせてまで、他人と関わりなんて持ちたくない!」こんな風に思いましたか?

もしそうであれば、相性の良い相手が見つかり次第すぐに男友達が作れる可能性があります。

男友達が多い女性には、自分の意見やポリシーを持っているという共通点があります。

芯が強い女性や自己主張をはっきりとする女性は、ある意味で男性的な部分を持っており、男性側も同性に近い感覚で付き合いやすくなるためです。

ただし主張が強くなりすぎれば、ただの自己中やワガママと思われてしまうため、性格の相性に大きく左右される点には注意が必要です。

少し気が強いと言われる女性や自分の意見をハッキリと言えるタイプの女性であれば、考え方や趣味が近しい男性とならすぐに打ち解けて、友人関係を構築できます。

男友達が多い女性の共通点「明るくポジティブな人」

女友達が欲しいと考える男性は、遊んだり話していて「楽しい時間が過ごせるか」という点を重要視しています。

「親しき仲にも礼儀あり」という言葉にもあるように多少の気遣いはお互いにしますが、好きでもない女性に対して気を使い過ぎると男性は疲れてしまい楽しくないと感じてしまいます。

ネガティブで自己否定感が強い女性だと、男性側は気苦労が絶えないので遊びたいと思えずに距離を置いてしまいます。

逆に常に明るく笑顔を絶やさない女性なら、一緒に過ごしていて楽しいので自然と男性が寄ってきます。

ポジティブで明るい女性は、異性としても女友達としても魅力的に映るということです。

男友達が多い女性の共通点「何かにハマっている人」

趣味や仕事など何か熱中できるものがある女性も男友達が多い傾向にあります。

共通の趣味を持つ男性なら異性としてではなく「同じ趣味を持つ仲間」として接してくれるため、恋愛関係へと発展しにくく、非常に良い関係性を築きやすくなるでしょう。

共通の趣味をもっていなくとも、何か一つの物事を突き詰めて進む姿は人間としての魅力を感じるものです。

男友達が多い女性の共通点「行動力があって常にアクティブな人」

他人と関わることに消極的な人は、男友達が作りにくいとお伝えしました。

逆を言えば、他人と積極的に関わるタイプの女性や行動力がある女性は男友達を作りやすいということです。

コミュニケーション能力が高い女性は、男性と自然な会話を楽しむことができます。

お互いに話す機会が増えれば親密になるまでの時間が早く、気が付けば男友達が増えていくものです。

このタイプの女性は合コンやイベントなどにも積極的に参加するので、男友達を作る上で重要な環境を開拓していける点も大きな要因だといえるでしょう。

職場には男性がほとんどいないのになぜか男友達が多い女性は、プライベートで様々な場所へ赴いたりイベントなどに参加していることが多いものです。

PAGE TOP