大人の私でも男友達が欲しい!作り方は?難しい?

男友達を作ることは簡単

男友達を作る方法は意外に多く、本心から望むのであれば積極的に探せば簡単に作れます。男友達を作るためのハードルは女性側がいかに積極的に行動できるか?の一点だけです。

見知らぬ男性から声をかけられれば女性は警戒心MAXで対応しますが、逆に女性から声をかけられた男性はほとんどが好意的に接してくれるので、SNSでも直接でも恐れずに声をかけてみましょう。

男友達が欲しい!と思っても「作り方が分からない」「男性側から言い寄られて面倒なことになるのでは?」という不安がよぎるため、行動に移せない人が多いです。

そこでこのページは、大人の女性が男友達を作る方法から、男女の友情を継続させる秘訣までをまとめて紹介します。男友達を作る方法って本当に簡単なんですよ。

大人の女性が男友達を作るメリット・デメリット

本題である「男友達の作り方」へ行く前に、まずは男友達を作るメリットとデメリットを知っておきましょう。

結論から言えば、男友達を作るとさまざまなメリットがあるのですが、状況によっては男友達を積極的に作らない方が良い場合もあります。
男友達を作るべきか悩んでいる方は、自分の状況と照らし合わせて作るかどうかを考えてみてください。

メリット デメリット
男性視点の意見が得られる パートナーの理解が得られない
男性慣れ出来る 男女の友情から望まない恋愛話へと発展する
余計な気苦労が少ない

それぞれ詳しく解説します。

大人の女性が男友達を作るメリット①男性視点の意見が得られる

社会人になってから男友達が出来ると、仕事や恋愛などで悩んだときに「男性視点」からアドバイスや意見を得られるというメリットがあります。

恋愛における悩みの場合、男性の気持ちを知るための貴重な意見が聞けますし、仕事やプライベートな悩みであっても同性に相談した場合とでは、全く異なる視点からの助言が貰えることで視野が広がります。

大人の女性が男友達を作るメリット②男性慣れ出来る

好きな男性の前で、上手に喋れなかったり普段通りの態度で接することが出来ずに悩んだりする女性は多いもの。

これは好きな人の前で緊張していることが主な原因ですが、人によっては男性そのものに不慣れなことが原因であるケースもあります。

男友達を作り、友人として男性と接する機会が増えることで、自然と男性に慣れて好きな人の前でも緊張しづらくなるというメリットがあります。

大人の女性が男友達を作るメリット③余計な気苦労が少ない

社会人になると、同性の友人同士でも何かと気を使って疲れることってありますよね。

特に女性同士だと仕事や恋愛に関してマウントを取ってしまわないよう発言に気を遣ったり、コスメや持ち物の話題で相手に話を合わせたりと、意外に気苦労が多いことも。

その点男友達の場合は、良い意味で気を遣わなくていい関係性になることが多く、純粋に気の合う友人として楽しい時間を過ごせるということもメリットの一つです。

大人の女性が男友達を作るデメリット

社会人になってから男友達を作るデメリットは、大きく分類すると2つあります。

1つは、パートナーの理解が得られない可能性があるという点。

付き合っている彼氏や配偶者が嫉妬深い人だと、男友達の存在を快く思わずに喧嘩やトラブルの原因になってしまう可能性があります。

「ただ男友達だよ」と言っても信じてもらえずに浮気を疑われたり、それが原因で別れ話に発展してしまうケースもあるので注意が必要です。

もう1つは、男女の友情から望まない恋愛話へと発展する可能性がある点です。

自分はあくまでも”男友達”と割り切って付き合っていても、相手が自分に好意を持ってしまう可能性や、逆に自分が相手に恋愛感情を持ってしまう可能性があります。

恋愛に発展してそのまま付き合えるのなら問題ありませんが、基本的に異性の友達との友情は【恋愛感情が芽生えると破たんする】というデリケートな関係性です。

男女の友情に対する考え方は人それぞれですが、男友達を作る時は”恋愛感情を持たない人”を選ぶことも重要な要素と言えます。

以下から本題である「大人の女性が男友達を作る方法」について解説していきます。

大人の女性が男友達を作る方法 難易度
職場や仕事関係から作る 艇(おすすめ)
趣味を通じて作る
友人を経由して紹介してもらう
コンパを利用する
街コンや合コンへ参加する
マッチングアプリ 低(最もおすすめ)

大人の女性が男友達を作る方法①職場や仕事関係から作る

男友達を作るメリット・デメリットを踏まえ、なるべくデメリットを減らせるような作り方を紹介していきましょう。

まず最初に紹介する方法が「職場で探す」「仕事の関係者から探す」というものです。
職場、仕事関係、趣味で知り合った男性と友達になると、「恋愛関係に発展すると面倒だ」という共通認識が持てるので、ほどよい距離感の友人関係を築きやすいのでおすすめです。

比較的知り合いやすい傾向があるので、難易度は「低(簡単)」としました。

同じ職場の同僚や先輩・後輩などは、最も身近な男友達候補です。
仕事の悩みや相談もしやすく、恋愛関係に発展しづらい(社内恋愛禁止や、忌避感が強いから)という点でも、デメリットのリスクも少ないのが魅力です。

しかし1年以上も会社で顔を合わせていたのに「急に男友達になって!」と言うのは難しいですし、仕事仲間としか見れないという男性もいるでしょう。
そういう場合は、仕事で知り合った人との食事や飲み会があるのであれば、積極的に参加することを意識してみましょう。

会社の研修やイベントなどで別部署・別店舗の従業員と知り合う、業務上でお付き合いのある会社の方と親睦を深める、などです。

打ち上げ・飲み会などは仲良くなってそのまま男友達をゲットできる大きなチャンスなので、積極的に参加するようにしましょう。

大人の女性が男友達を作る方法②趣味を通じて作る

仕事は仕事と割り切り、仕事で付き合う人から男友達を作りたくない!という方は、趣味を通じて作る方法がおすすめです。
趣味を通して知り合う具体的な方法としては、SNSを介すと知り合いやすいでしょう。

  • 地域のフットサルチームに所属してみる
  • ジム通いをしてみる
  • オフ会への参加
  • 同じ犬種・猫種を飼っているグループへの参加
  • 芸能人などのファンの集いへの参加

など趣味や興味がある分野で、積極的に人と触れ合う機会を増やすと男友達を作りやすくなります。直接的に参加しても良いですし、まずはSNSやネットを活用して参加し、機会があれば直接会って友情を育むことも可能です。
共通の趣味を持っていれば会話に困ることもなく、自然な流れで男友達を作ることができます。

ただしスポーツジムに通っている男性は、バイタリティ溢れるタイプの方も多く、友情ではなく下心を持って近づいてくる場合もあるので友達選びは慎重に。

大人の女性が男友達を作る方法③友人を経由して紹介してもらう

この方法は「気軽に男友達を紹介してくれる人が周りにいる」「知り合いが多い人(コミュニケーション能力が高い人)が周りにいる」ということが前提です。よって難易度は「中」としました。

人によっては難易度がかなり高く、「情報が紹介してくれた人に筒抜けそうで嫌」という人には向いていません。
その紹介してくれた人も含めて仲良くなりたい、という方にはおすすめの男友達の作り方です。

大人の女性が男友達を作る方法④コンパを利用する

社会人になると、合コンはちょっと⋯⋯と敬遠してしまう人も多いですが、少し見方を変えて「男友達を作る場」と割り切って参加してみるのも良いでしょう。
実際、合コンで知り合って友情を育む男女は多く、ラフな姿勢で参加することによって、今までよりも楽しめる可能性が高まります。

また、地域イベントとして行われる「街コン」などに参加するのも、男友達を作るきっかけとしては良い方法です。

コンパを利用して男友達を作る場合は、合コン・街コンなどイベント主旨が重くないものを選びましょう。

婚活パーティー、街コンでもカップル成立を重要視するイベントの場合は、参加する男性の本気度が高いので、恋愛~結婚までを視野に入れている可能性が高いです。
あくまでも男友達が欲しいだけという状況なら、気軽に参加できるコンパを利用した方が、後で面倒な恋愛トラブルに発展するリスクを抑えられます。

大人の女性が男友達を作る方法⑤街コンや合コンへ参加する

合コンで男友達を探す場合、「相手が本当に”友達”という関係性で満足するのか」ということを、しっかりと見極めて慎重に付き合う必要があります。

街コンや合コンは各回温度感が異なる上に、本気で恋人を探しに来ている男性も多いのが実情です。もしこの方法で男友達を探すのであれば、複数回集いに参加する覚悟をしておいた方が良いでしょう。

  • 同性の友達と参加しようと思っている
  • とにかく色んな男性と知り合いたい

上記のように考えている方にはおすすめの方法です。行動派の方はぜひ実践してみてください。

大人の女性が男友達を作る方法⑥マッチングアプリ

最もおすすめなのがマッチングアプリを活用する方法です。
意外と思うかもしれませんが、マッチングアプリは男友達を作る手段としては最適。

  • 誰も介さずに男友達が欲しい
  • 忙しい合間でも友達を作る機会が欲しい
  • 多趣味なので色々な人と知り合いたい

上記のように考えている女性には得におすすめで、今すぐにでも実践できます。

しかし、前項のコンパ同様に「本気の出会い」を求めて利用している男性が多いアプリや逆に「肉体関係」を求める男性が多いアプリは適していません。

自分のプロフィール欄には「恋を求めているのではなく、純粋な友情を育みたい」ということを明記しておきましょう。

マッチングアプリを利用して男友達を探す場合、利用するアプリ選びが重要になるので慎重に選んでくださいね。

おすすめのマッチングアプリは以下ページにまとめています。気になるものがあったら公式サイトを確認してみましょう。

大人の女性がマッチングアプリで男友達を作る時の注意点

上記で紹介したアプリ以外でも、ライトな出会いの場を提供するマッチングアプリは数多く存在します。

しかし、基本的にマッチングアプリを利用する人の多くは「恋愛を前提とした出会い」を求めていることを忘れてはいけません。

中には飲み友達を募集している男性や共通の趣味を楽しめる友人を求めている人もいるので、プロフィールをしっかり読んで恋愛だけが目的ではない人を見極めることが重要です。

また、自分のプロフィールを作成する際も「恋人ではなく男友達を募集している」とはっきり記載して、自分の意志をしっかり発信した方がよいでしょう。

マッチングアプリの場合、少なくとも男性側は”有料”でお金を払って出会いを求めているケースがほとんどなので、思わせぶりな態度はトラブルを招く原因になってしまいます。

大人の女性が男友達を作るベストタイミングと選び方・接し方の注意点

「男友達を作りたい!」と思っても、タイミングが悪いとトラブルを招く原因になってしまいます。

具体的に、彼氏や配偶者に浮気を疑われてしまう恐れがあるため、作るタイミングや状況に応じた注意点を意識しなければいけません。

彼氏やパートナーがいるにも関わらず「異性の友達」を積極的に作ろうとすると、良い顔をされないケースが多いでしょう。
彼氏や配偶者の立場からすれば、「自分がいるのにどうして他の異性と知り合う必要があるのか?」と思うのは当然と言えば当然かもしれません。

つまり、男友達を作るベストタイミングは「彼氏がいない状態」です。

彼氏や配偶者がいても男友達が欲しいときは?

「浮気をするつもりはないけど異性の友達が欲しい!」と思う方もいるかもしれません。
その場合は”後ろめたさがない”ことを、パートナーに理解してもらえる状況作りが大切です。

具体的な方法として「彼氏や配偶者の男友達と仲良くなり自分の男友達になってもらう」があります。彼氏や配偶者としても自分の友人と仲良くしてくれるのは嬉しいですし、互いに恋愛感情を持ちにくい(持ってしまった場合は泥沼ですが)のでおすすめです。

また、前述した趣味の活動を通じて知り合った異性であれば、警戒が薄れやすいと言えるでしょう。

とはいえ、男友達を作ったせいで彼氏や配偶者との関係性が悪化しては本末転倒なので、パートナーの理解が得られないのであれば、素直に男友達は諦めた方が無難です。

既婚者や彼氏持ちの女性が男友達を作る場合の注意点

既婚者や彼氏持ちの女性が男友達を作る場合の注意点をまとめてみました。

  • 絶対に夫や彼氏に男友達の存在を隠さない
  • 趣味や職場など不自然ではない関係性の男友達を探す
  • 共通の男友達だと問題が起こりにくい(万が一起きると泥沼)
  • 遊ぶ際は誤解を招かないよう夫や彼氏へ伝える

夫や彼氏に男友達が欲しいと伝えて快諾してくれる場合もありますが、難色を示す人の方が圧倒的に多いはずです。

そんなパートナーの意向を無視して男友達を作ってしまうと、喧嘩の原因になるばかりか浮気や不倫を疑われ、最悪の場合は破局や泥沼裁判に至る恐れさえあります。必ず承諾を得た上で男友達と接するように注意しましょう。

後述する”男友達との友情の育み方・関係を壊さない方法”に関して、既婚者や彼氏持ちでも全く同じなので、ぜひ参考に役立ててみてください。

男友達に選ぶなら”タイプじゃない人”が良い

男友達を作り、友情が長続きするケースのほとんどが「恋愛対象としてお互いを見ていない」という関係性を築いています。

極端な話ですが「付き合うのは無理だけど友達としてならアリ!」という男性を選べば、少なくとも自分が恋愛感情を抱いて友情を壊してしまう可能性は大きく減ります。

逆に、異性として魅力を感じる男性を男友達に選んでしまうと、ちょっとしたきっかけで恋心を抱いてしまい、自分から関係性を壊してしまうので注意が必要です。

男友達と割り切って付き合っていくのなら、男性として見たときに“タイプじゃない人”を選んだ方が、友情が長続きしやすいと覚えておいてください。

大人の女性が男友達と接する際の注意点

いくら自分が恋愛感情を抱かなくとも、男友達が自分に対して恋愛感情を持ってしまえば関係性は壊れてしまいます。

人を好きになるという気持ちを完全に制御できるわけではありませんが、男友達との接し方を少し意識するだけで、友情を長続きさせることができます。

男友達と接する上で女性側が最も気を付けたいのが「女らしさを出さないようにすること」です。

異性を意識した振る舞いやちょっとした仕草・言動でドキッとしてしまう男性は多いもの。男友達はあくまでも友達なので、異性だと意識せずになるべくフラットな態度で接することを意識してください。

男友達に対して考え無しに「〇〇の彼女になる人は幸せだよね」など、勘違いさせてしまうようなフレーズを口にするのも控えた方が良いでしょう。

彼氏はいらないけど男友達が欲しいって変?

男友達が欲しいのになかなか行動に移せないと悩む女性には、ちょっとした共通点があります。
それは「彼氏は要らないけど男友達が欲しい」と考えること自体に、忌避感や罪悪感のようなものを感じている方が多いということです。

  • 過去に友達だと思っていた男性から告白されて関係が悪くなった経験がある
  • 彼氏・夫などパートナーがすでにいて「浮気する気はゼロ」だけど男友達が欲しい
  • 他人の目や評価が気になりやすい

このような方は、男友達を作ることに抵抗を感じてしまいがちです。

上記リスト3つ目に対して意外と思う方もいるかもしれません。
「他人の目や評価が気になりやすい」という方は、付き合う気も無い男性と仲良くしている姿が、周囲から「男たらし」や「八方美人」と思われるのでは?と思うと、不安になってしまうためです。

結論から言えば、彼氏はいらないけど男友達が欲しいと思うことは決して変ではありません。

「たまたま気が合って気軽に付き合える友人が男性だっただけ」この自然な流れこそが男友達が出来る最高のシチュエーションだと言えます。

少なくとも男友達を積極的に作ろうという姿勢や考え方に偏見を持っているのであれば、まずはその部分から意識を変えてみることが男友達を作るための第一歩になります。

友達を異性として見る?男性と女性では意識にズレがある

男友達・女友達という関係性から、恋愛へと発展してしまうケースは少なくありません。

お互いに惹かれあった結果としてお付き合いに至れば何も問題はありませんが、実際はどちらか一方が恋心を抱いてしまい、それが原因で関係が悪化して、友人を無くすという結果になってしまうケースがほとんどです。

そして異性の友達に惹かれてしまうという傾向は、男性側の方が圧倒的に多いです。

男友達が、友達という一線を簡単に越えようとしてしまう原因の一つは、これからお話する女性側の付き合い方に問題がありがちです。
根本的な部分で「男性と女性では意識にズレがある」ということは理解しておいた方が良いでしょう。

女性の場合:友達と認識した場合は基本的に恋愛対象としては一切見れない

「友達としては好きだけど、男としては無理……」と割り切って考えられるのが、女性に多くみられる“異性の友達に対する意識”です。
ところが男性は異なります。

男性の場合:女友達でも性の対象として見れる

このように考える人が多い傾向にあります。
友達だからと割り切っている様に見えても、「ワンチャン合意が得られれば体の関係になっても良い」と考えている人が少なくありません。

しっかりと線引きをしている男性も確かにいますが、あるアンケートで「女友達と肉体関係を持ったことがあるか」という質問に対し、”ある”と答えた人は全体の3割弱という結果が出ています。

下世話な話ですが、「異性の友達とSEXできますか?」という問いに対し、女性なら大多数がNOと答えますが、男性側は相手がOKしてくれるならYESと答える人がそれなりにいる、ということです。

必ずしも男性全員が下心を持っているわけではありません。
しかし「据え膳喰わぬは男の恥」ということわざがあるくらいなので、基本的に女性と男性では異性の友達に対する意識が少し違うという点は知っておきましょう。

男友達との友情の育み方・関係を壊さない方法

女性よりも男性の方が異性の友達に対して許容範囲が広いことはお伝えしましたが、恋愛感情を抱いたり肉体関係になったりすれば友情が壊れることくらい、男性も分かり切っています。

冒頭でもお伝えした通り、男性が一線を越えて告白や肉体関係を迫ってしまうのは、女性側の付き合い方が原因になっていることが少なくないのです。

男性も大事な女友達との友情を壊したくないと思う気持ちは女性と同じです。だからこそ、女性側が男友達を”その気”にさせないように振舞うことが重要になり、これが友情を育む上でのポイントです。。

フリーだからこそ発言には最大限の注意を

彼氏は要らないけど男友達が欲しい場合は、彼氏なしのフリーという状態です。だからこそ、男友達と話す際の発言には注意が必要になってきます。

具体的に気を付けるべき点は、男友達が「俺ってもしかして脈あり?」と勘違いしてしまうような発言をしないようにすることです。

  • 「〇〇の彼女は絶対幸せになるよね~」
  • 「なんで〇〇はこんなにいい奴なのにモテないんだろうね~」
  • 「〇〇と一緒にいると気を使わなくていいし楽だわ~」

女性が想像している以上に、男性は些細なきっかけから”大いなる勘違い”をする生き物です。
電車でちょっと目が合っただけで、「あの女性は俺に気があるのかも」なんて思っちゃう人がいるくらいです。

男友達と楽しくおしゃべりをしていて、褒めるべき部分はしっかり褒めてもOKですが、勘違いをさせないように女性側が気を使ってあげることが大切です。

男友達とふざけあえる仲なら、言葉の冒頭に「私は無理だけど」と前置きしてから、男性としての良さを褒めてあげるくらいが丁度いいでしょう。

「私は異性として見ていません!」という態度をハッキリとみせることで、男友達の方もただの友達として接しやすくなります。
嫌われるかもと思わずに、毅然とした態度・発言を意識することが友情を壊さないための秘訣です。

女としてのアピールは最小限に

発言に気を付けるだけでなく、男友達と接する際は身だしなみや服装などのオシャレで、必要以上に女らしさを演出しない方が無難です。

スッピンで上下ジャージのようなラフすぎる恰好をする必要はありませんが、香水やアクセサリーでオシャレをしたり、肌の露出が多い服装をすることは避けるべきです。

「そんなこと言ったって元々オシャレが好きだから」「わざわざ男友達に合わせるのは面倒くさい」という気持ちは分かりますが、男性側は「自分と遊ぶために気合いを入れてきている……」と勘違いする可能性があります。

特に気を付けたいのは露出です。

前述の通り、友達であっても状況次第では肉体関係になることに抵抗がない男性を、わざわざ刺激するような恰好をするのは、女性側にも問題があると言える可能性があります。

友達はあくまでも友達。

女らしさを必要以上にアピールする意味はなく、むしろ男性に勘違いをさせる原因にもなりかねないので注意してください。

二人きりはなるべく避けた方が無難

これは友情の深さにもよりますが、友達だからといって男友達と二人きりで遊ぶ機会が多すぎることも、勘違いを誘発する原因になりかねません。

自分には一切その気がなくても、傍目からみれば男女が歩いていればカップルに見えますし、お店や周囲から”お似合いですね”なんて言われれば、男性側の勘違いは加速していきます。

男友達と遊ぶときはなるべく二人きりを避けて複数名で遊んだ方が無難であり、どうしても二人きりになる場合は夜ではなく日中の方がおすすめです。

夜に二人きりで遊ぶと、雰囲気に流されてしまったりデート感が強くなったりするので、男友達が恋心を抱きやすくなってしまいます。

仲良くなりすぎない!いつも一緒は危険な兆候

男女の友情に限らず、人は一緒に過ごす時間の長さに比例して親密度が高くなっていくものです。

男友達と波長が合って、一緒に遊ぶと楽しいからと毎日のように遊んだり連絡を取り合ってしまったりするのは、距離が近すぎるかもしれません。

  • 毎日必ずLINEで連絡を取り合う
  • 週に1回以上定期的に会って遊んでいる

気の合う友人だからとあまりにも距離感が近くなりすぎてしまえば、男性側が愛情を抱く充分な理由になってしまいます。

また、距離感という意味では、関係性も対等な立場を意識することが重要です。

一緒に食事をして、男友達が会計を支払う素振りを見せたら危険信号です。
男らしさをアピールしている可能性があり、奢ってもらうという状況が当たり前になってしまうと、友人として対等な関係性を保てなくなってしまいます。

誕生日など何か明確な理由がある場合は、奢ったり奢られたりするのは健全な友人関係です。しかし、常に男性側が奢るのは“友達の関係性”としてはおかしいとは思いませんか?

男友達は性別が違うだけなので、基本的には同性の友人と同じような関係性を保つことを意識し、遊ぶ頻度も極端に多くなりすぎないようにして、あくまでも”友達の一人”として付き合うことが大切です。

ビジネスマンやキャバクラ嬢も使っている“ボディタッチ”の魔力

過ごす時間が長ければ親密度が増すことは当然のことですが、出会ってすぐに親密度を高める手段が“ボディタッチ”です。
心理学における研究でも、身体の接触がある人とない人を比べた場合、好感度に大きな差が生まれることが分かっています。

科学的にも実証されているボディタッチによる好感度の上昇は、ビジネスシーンでも積極的に活用されているのをご存知でしょうか。

ビジネスマンが初対面の相手と握手をするのも、ボディタッチによる好感度の上昇を狙った意図があり、キャバクラなどで接客する際に必要以上に密着したり手を乗せたりするのも、心理学を応用したテクニックです。

しかし友達として一線を越えて欲しくないと言いながら、男友達へ無意識にボディタッチをしてしまう女性は意外に多いものです。

女性側からすれば同性で仲の良い友達と手を繋ぐことは普通にありますし、深い意味はなく気軽に男友達へボディタッチしているだけなのですが……。

当然ですが、ボディタッチされている男友達への効果は抜群です。

男友達と接する際は同性の友達と同じ感覚で、と言いましたが、ボディタッチに関しては相手に意識させてしまう可能性が高いので控えるようにしてください。

男友達と避けるべき場所や状況

男友達との付き合い方として、女性側が意識して避けるべきシチュエーションや場所があります。

  • 夜景や夜の海などムードが良い場所
  • ラブホテル街など男女の関係を想起させる場所
  • 二人きりでお酒を飲む状況

これらはお互いに「異性である」ということを、意識しやすくなってしまったり雰囲気に流されやすくなってしまったりするので、避けるべきです。

特に、男友達=飲み友達という人は気を付けなければいけません。

あるアンケートで女友達と肉体関係を持ってしまったと答えた男性が3割近くもいる、と紹介しましたが、そうなった経緯として最も多かった回答は「酔った流れで」というものでした。

アルコールには理性を鈍らせる効果があることは知られていますが、男女の友情にとっても大敵となりうるので、特に気を付けるべきでしょう。

男友達と飲むなら、二人きりをなるべく避けるのはもちろんのこと、深夜など帰宅手段が少なくなる前に終らせた方が安心です。

男友達を作ることは難しくない|男友達を作る簡単な方法

男女共通の悩みではありますが、どちらかと言えば男性よりも女性の方がこういう悩みを抱える人が多く、「男友達ってどうやって作るの?難しすぎる」と頭を抱えます。

しかし一方では、社会人になってからも男友達に囲まれて、楽しい日々を送っている女性もいます。

実は「男友達が簡単に作れる女性」と「男友達が作れない女性」では、性格や環境などに大きな違いがあります。

男友達を作るために必要なことは下記を意識して、実際にアクションする行動力さえあれば男友達を作りやすくなります

  • 男性と接する機会(環境)
  • 男友達を作るために”行動”すること
  • 男性が話しかけやすい態度や言動を意識すること
  • 何か夢中になれるものを探してみる

男性に不慣れだと自覚している場合、男友達をいきなり作ろうと考えているがために出来ないケースが多いもの。

  • 男性と話す機会を増やしてみる
  • 普段は参加しないイベントに参加してみる

こうした小さな目標を立て、段階的に男性と接する機会を増やし、慣れていくことで、自然と男友達が出来きます。

男友達を作るのは行動さえ起こしてしまえば意外に簡単なものです。

互いに尊重し合える異性の友人は、得難い経験や考え方を与えてくれるもの。ぜひ人生を豊かにしてくれる男友達を作ってみてください。

男友達を作ることは難しくない!重要なのは「作れる環境」

男友達を作る方法やできない人の特徴を解説する前に、話しておかなければならないのが「あなたを取り巻く環境」についてです。

同性からみたとき、やたらと男友達が多い女性はいませんか?

男友達が多い女性にはいくつかの共通点がありますが、「男友達を作りたいのに作れない人は環境に恵まれていない」という可能性が非常に高いです。

男友達を作りやすい性格や特徴を備えていても、男性と知り合う機会そのものが少なければ男友達を作るのは難しくて当然です。

  • 職場の男女比率はどうなのか
  • プライベートで合コンや街コンによく参加するか
  • 複数の友人と遊ぶ機会は多いか
  • マッチングアプリを活用しているか

上記のように「日頃から男性と接する機会が多い環境の中で生活している女性」「積極的に男性と知り合う場へ足を運ぶ女性」は、自然と男友達が作りやすくなるということを、覚えておいてください。

では、本題である男友達を作る方法から解説していきます。

男友達を作るのが難しいと感じる人のための「男友達を作る2つの方法」

下記表2項目についてそれぞれ解説していきますが、どれも取り組みやすく効果が大きいものです。

男友達を作る方法 取り組みやすさ
環境の改善/機会を増やす 少々勇気が必要だが効果は絶大
笑顔と積極性を意識する 非常に取り組みやすく効果が大きい

男友達を作る方法「環境の改善/機会を増やす」

「環境はとても重要」と先述した内容を掘り下げます。

「自分の置かれている環境は男性と接する機会が少ない」と感じるのであれば、環境を整えてみてください。それだけでも異性と接する機会が大きく増えます。

環境を整えるとは、男性と関わる機会をアクティブに増やすということです。具体例として以下があります。

  • 社内イベント、地域イベントに参加してみる
  • SNSやオンラインサロンなどで男性と接する機会を増やす
  • 合コン、街コンに参加する
  • マッチングアプリを利用してみる

可能であれば、友人関係を構築しやすい職場の仲間や共通の趣味から、男友達を探す方法がおすすめです。

仕事や趣味の話題は、お互いに異性を意識しなくても盛り上がり、純粋に楽しい時間を過ごせる男友達が見つけやすくなります。

あくまでも男友達を作ることが目的なので、合コンやマッチングアプリでは「友達が欲しいだけ」というスタンスを、あらかじめ相手に伝えておくと安心でしょう。

男友達を作る方法「笑顔と積極性を意識する」

表情が暗いとそれだけで男性は声をかけづらいと感じるもの。

真顔でいるだけで「怒ってる?」とか「機嫌悪いの?」と男性に聞かれた経験はありませんか?

何気ない話題でも良いので自分から話しかける積極性が持てればベストですが、「恥ずかしくて話しかけるのはちょっと……」という方は、笑顔を絶やさないように意識してみましょう。

男性から話しかけやすい雰囲気を作れば、確実に会話の機会が増えて男友達を作るチャンスが広がっていきます。

とにかく行動を起こす

実も蓋もない答えですが、男友達を作るために最も重要なことは「行動すること」です。今現在、この記事を読んでいるのも立派な行動の一つ。

男友達が出来ないと悩み、ネットで検索をしてこの記事に辿り着いた行動力を、あと一歩だけ踏み出してみてください。

男性と接する機会を増やしてみる、日ごろから笑顔を意識してみる。

ささいな変化からでも良いので、行動を起こすことが男友達を作るために最も有効な手段となります。

男友達が作れないと悩んだ時はセルフチェック

男友達が欲しいけど、作るのが難しくて悩んでいる時は自分の気持ちと向き合い、どうして男友達が欲しいのかを考える時間を作ってみましょう。

自分がなぜ男友達が欲しいのか?を冷静に考えてみることで、悩みが解消されたり改善策がみえてきたりします。

男友達が欲しい理由とモチベーションを考えてみる

男友達が欲しい理由にはどんなものがあるでしょうか。

  • 女同士よりサバサバした関係性で気持ちが楽
  • 男性の気持ちが分かるようになる
  • 異性からの意見やアドバイスが得られる
  • 恋愛に疲れたから友達として男性と関わりたい

男友達を作るメリットとして考えられるものは色々ありますが、その理由をもう少し深く考えてみると見える景色が変わってくるハズです。

サバサバした友人関係に憧れているのであれば、男友達にこだわる必要性はありません。

男性の気持ちを知りたい、異性の立場からの意見を聞きたいという願望が強い女性は、裏を返せば男性に不慣れだったり、恋愛経験が少ないケースが多いもの。

もし男性と接すること自体が苦手だと自覚しているのであれば、無理に男友達を作ると考えずに小さな目標を立てていく方が建設的です。

  • 職場の男性社員に話しかけてみる
  • 普段は参加しない会社のイベントや研修に参加してみる

男友達を作るんだ!と意気込まずに、その前段階として男性と接することに慣れることから始めると、結果的に男友達が作れるようになります。

甘えたい、優しくされたいはNG

男友達が欲しい理由を考えた時に「男性からチヤホヤされたい」「甘えたい」「優しくされたい」と考えているなら注意が必要です。

男女の友情は同性と違って簡単に壊れやすい危うい関係性。

良好な関係を継続するために重要なことは、お互いに尊重し合う対等な関係性が必要です。

もし男友達に優しさや甘えさせてくれる度量を求めているなら、その関係性は対等ではありません。

男友達に色々な要求をしてそれを受け入れた先には「こんなにしてやったのだから」と見返りを求められたり、恋心を抱かれてしまう危険性があります。

悪い言い方をすれば都合のいい男友達が欲しいということです。

男友達を作って利用しようと考えていると、男性側から思わぬしっぺ返しを受けたり、トラブルに発展しかねないので注意してください。

男友達を作るのが難しい女性の共通点とは?

男友達を作る為には、男性と知り合う環境はとても需要です。

職場では男性に囲まれてるけど男友達なんて出来ない!と悩む女性も多くいます。

男友達を作る上で環境が重要だということは確かですが、男性と接する機会が多くても男友達が作れないと悩む方には、別の原因を疑う必要があります。

男友達を作れないと悩む女性にみられる共通点をまとめました。

男友達を作るのが難しい女性の共通点「異性に対して免疫が無い」

男友達が出来ないと悩む女性に多いのが、男性慣れしてなく異性に対して過度に意識をしてしまうタイプです。

学生時代は女子高や女子大など、異性と接する機会が極端に少なかった人や恋愛経験が少ない女性はこの傾向が強くなります。

男友達とは基本的に性別が違うだけで、あくまでも友達として付き合うもの。
お互いに異性であるという認識が希薄だからこそ、成立する関係性とも言い換えることが出来ます。

しかし、男性と接する機会や恋愛経験が極端に少ない女性の場合、男性を異性と強く意識してしまう免疫の無さが原因で男友達を作りにくくしてしまっています。

女友達が欲しいと割り切っている男性は、必要以上に異性として意識されてしまうと距離をとってしまいがち。

その男性の性格や考え方にもよりますが、基本的に男性は気の無い女性から異性として意識されると面倒くさいと考えます。

男性側も女友達が欲しい場合は、良い意味で異性を感じさせない女性を求めているため、異性として過度に意識する女性は男友達を作るのが難しいのです。

男友達を作るのが難しい女性の共通点「自己否定感が強い」

自分自身に魅力が無いと感じている自己否定感が強い女性も、男友達が作りにくい傾向にあります。

容姿に自信が持てず「私なんて男性から興味を持たれるわけがない」と強く思っていませんか?

自己否定感は「異性に興味を持ってほしい」という強い願望の裏返しという一面があります。

容姿を気にして男性を遠ざける方は、結局のところ男性を強く意識しているので、男友達を作るのが難しくなります。

何事にも自信が持てずに「私なんて……」と口にしてしまう人を友達にしたいと思う人は少ないもの。

会うたびに愚痴や自己否定の言葉を繰り返す人と積極的に関わりたいと思うでしょうか?

恋愛感情抜きで女友達を作ろうという男性は、大前提として「一緒にいて楽しいかどうか」を重要視しています。

男友達を作るのが難しい女性の共通点「他人と関わることに消極的」

社会人になると自分が関わる人間をある程度選ぶことができます。
極端に言えば、業務や生活で必要最低限にしか他人との関わりを持たなくても、生活自体は成り立ってしまいます。

特に最近はインターネット回線さえあれば一日中誰とも関わらずに買い物や動画を楽しめてしまうため、元から消極的な人は余計に他人と関わらないようになってしまいがちです。

いくら男性と接する機会が多い環境下にあっても、積極的に他人と関わりを持たなければ男友達を作るのは非常に難しいものになってしまいます。

「声をかけてくれる男性がいても、自分から話しかけることは一切しない」

これではせっかく男友達を作るチャンスがあっても自ら放棄しているようなものです。

男性は意外に繊細なので、女性側から話しかけてもらえない状況が続くと「近寄りがたい」「嫌われているのかも」と誤解してしまい、話しかけてくる頻度も減ってしまいます。

心の中でいくら男友達を作りたいと思っていても、男性側から話しかけてくれるのを待つだけでは、男友達を作るのはかなり難しくなるでしょう。

男友達が多い女性にはどんな共通点があるのか?

逆に男友達が多い女性にみられる共通点を紹介していきましょう。

男友達が作れないと悩んでいたとしても、これから紹介する共通点に当てはまる項目が多いなら、環境さえ整えればすぐに男友達ができる可能性が高いです。

男友達が多い女性の共通点「自分の意見やポリシーを持っている」

先程紹介した男友達が作れない女性の共通点を読んでいて「自己否定して何が悪い!自意識過剰よりはマシでしょ!」「無理して他人に合わせてまで、他人と関わりなんて持ちたくない!」こんな風に思いましたか?

もしそうであれば、相性の良い相手が見つかり次第すぐに男友達が作れる可能性があります。

男友達が多い女性には、自分の意見やポリシーを持っているという共通点があります。

芯が強い女性や自己主張をはっきりとする女性は、ある意味で男性的な部分を持っており、男性側も同性に近い感覚で付き合いやすくなるためです。

ただし主張が強くなりすぎれば、ただの自己中やワガママと思われてしまうため、性格の相性に大きく左右される点には注意が必要です。

少し気が強いと言われる女性や自分の意見をハッキリと言えるタイプの女性であれば、考え方や趣味が近しい男性とならすぐに打ち解けて、友人関係を構築できます。

男友達が多い女性の共通点「明るくポジティブな人」

女友達が欲しいと考える男性は、遊んだり話していて「楽しい時間が過ごせるか」という点を重要視しています。

「親しき仲にも礼儀あり」という言葉にもあるように多少の気遣いはお互いにしますが、好きでもない女性に対して気を使い過ぎると男性は疲れてしまい楽しくないと感じてしまいます。

ネガティブで自己否定感が強い女性だと、男性側は気苦労が絶えないので遊びたいと思えずに距離を置いてしまいます。

逆に常に明るく笑顔を絶やさない女性なら、一緒に過ごしていて楽しいので自然と男性が寄ってきます。

ポジティブで明るい女性は、異性としても女友達としても魅力的に映るということです。

男友達が多い女性の共通点「何かにハマっている人」

趣味や仕事など何か熱中できるものがある女性も男友達が多い傾向にあります。

共通の趣味を持つ男性なら異性としてではなく「同じ趣味を持つ仲間」として接してくれるため、恋愛関係へと発展しにくく、非常に良い関係性を築きやすくなるでしょう。

共通の趣味をもっていなくとも、何か一つの物事を突き詰めて進む姿は人間としての魅力を感じるものです。

男友達が多い女性の共通点「行動力があって常にアクティブな人」

他人と関わることに消極的な人は、男友達が作りにくいとお伝えしました。

逆を言えば、他人と積極的に関わるタイプの女性や行動力がある女性は男友達を作りやすいということです。

コミュニケーション能力が高い女性は、男性と自然な会話を楽しむことができます。

お互いに話す機会が増えれば親密になるまでの時間が早く、気が付けば男友達が増えていくものです。

このタイプの女性は合コンやイベントなどにも積極的に参加するので、男友達を作る上で重要な環境を開拓していける点も大きな要因だといえるでしょう。

職場には男性がほとんどいないのになぜか男友達が多い女性は、プライベートで様々な場所へ赴いたりイベントなどに参加していることが多いものです。

まとめ

大人の女性が男友達を作ろうと思っても色々なことを考えてしまい、行動に移せない人が多いですよね。
しかし、本気で男友達が欲しい!と思うのであれば、少し勇気を出してアクションを起こすだけで、意外と簡単に作れるので一歩踏み出してみましょう。

男友達との関係性は、恋愛感情を持った時点で破たんしていまうデリケートなものです。
マッチングアプリを活用する場合は、相手との距離感や思惑の違いなどに注意しながら男友達を作っていきましょう。

彼氏・配偶者の理解が得られない場合は、無理に男友達を作ろうとしてトラブルにならないように注意しましょうね。

あい探偵


【 チェックポイント 】
◎全国対応
◎弁護士と連携!!アフタフォローも万全
◎安心の低料金設定システム
\ 公式サイトはコチラ /
【あい探偵】
PAGE TOP