【探偵が教える】プラトニック不倫に潜むリスクとされた時の対処法

既婚者でプラトニック不倫にハマる人が増えてきています。

中にはプラトニック不倫という名称の響きや不倫だけどプラトニックな関係だからと、離婚や慰謝料などのトラブルとは無縁の行為と勘違いしている方も多いようです。

今回はプラトニック不倫の実態と、そこに潜むリスクについて徹底解説いたします。

通常の不倫とは何が違うのか?

プラトニック不倫なら法的にも許されるのか?

プラトニック不倫に関する様々な疑問や不安を抱え、眠れない日々を送っている方は、是非とも最後までお付き合い頂ければ幸いです。

プラトニック不倫と不倫の明確な違いとは?

そもそも、プラトニック不倫とはなんぞや?という部分から解説しましょう。

一般的にも法的な解釈でも、不倫の定義は「既婚者が配偶者以外の異性と”肉体関係”を結ぶこと」となっています。

つまり、既婚者が妻や夫以外の異性と肉体関係にあるか否かが不倫になるかどうかの大きな線引きになっている、ということです。

そして、不倫には大きなリスクが伴うことは多くの人が認知していて、一線を越えなければ良いという都合の良い解釈で流行しているのがプラトニック不倫です。

その名が表す通り、プラトニック不倫とは配偶者以外の異性と「恋愛関係」にはあるものの”肉体関係”が無い状態を意味する言葉となっています。

この厳密に言えば不倫ではない、という自己都合による間違った解釈に落とし穴が存在していることに気付かずに、実際にプラトニック不倫が原因で大きな痛手を受けてしまう人が急増しています。

キャッチーな名称が罪悪感を減らしている

プラトニックな関係と聞いてイメージするのは「純愛」や「淡い恋心」などでしょうか。

また、プラトニック不倫中の不倫相手を「セカンドパートナー」と呼び、肉体関係を持たない健全な関係性を主張する人が増えているのも悪しき風潮と言えます。

法が定める不倫には該当しないという”勘違い”もあり、セックスさえしなければプラトニック不倫は合法だと考えているのなら、それは甘い考えです。

キャッチーな名称や、間違った法解釈で安易にプラトニック不倫なら・・と配偶者を裏切るような行為に走るのは大きなリスクが潜んでいるのですから。

それでは本題となる、プラトニック不倫に潜むリスクについて解説していきます。

プラトニック不倫で生じるリスク!慰謝料請求されるケースも

プラトニック不倫は、肉体関係が無いというだけで配偶者に対する深刻な”裏切り行為”であることは疑う余地の無い事実です。

当然、裏切られた配偶者がプラトニック不倫を知って離婚へと発展してしまうケースも少なくありません。

プラトニック不倫に伴う1つ目のリスクとは、まさに「離婚の原因になり得る」という部分にあると言えます。

そして、プラトニック不倫が原因で離婚の話が持ち上がった際には更なるリスクが生じる可能性が出て来ます。

プラトニック不倫は「不貞行為」にあたるのか?

プラトニック不倫が原因で離婚をする場合、夫(または妻)の行為を「不貞行為」とみなして慰謝料を請求することはできるのでしょうか。

結論から言うと、プラトニック不倫には”肉体関係”が成立しておらず、法的な観点からみた場合、プラトニック不倫を不貞行為として慰謝料を請求することは限りなく難しいと言わざるを得ません。

つまり、プラトニック不倫は厳密に言えば不貞行為ではないので、一般的な不倫のように不貞行為を理由に慰謝料を請求することが出来ない可能性が高いと言えます。

この事実だけが独り歩きして「プラトニック不倫なら許される」という風潮に繋がり、安易にプラトニック不倫を始めてしまう既婚者が増えているようですが、実は不貞行為だけが慰謝料に繋がる訳ではありません。

民法で定められている「離婚の正当な理由」とは

プラトニック不倫が不貞行為として認められない、この事実を知ってしまうと裏切られた側は、こんなに辛い思いをしているのにと絶望感に襲われてしまいます。

しかし民法上の”貞操義務”に違反していないだけで、プラトニック不倫によって家庭が壊されたのであれば、配偶者や不倫相手に慰謝料を請求できる可能性はまだ残っています。

プラトニック不倫を原因とした慰謝料請求が行われる際に、民法で定められている以下の2つが大きな鍵となります。

民法770条1項2号「悪意の遺棄」

難しい法律の文章を並べても判りにくいので、意味と解釈だけを簡単に解説します。

民法では夫婦は一緒に住んで、お互いに助け合う関係性を築くべきだ!というルールが定められています。

しかし現実には単身赴任や出張などで一緒に住むことが難しかったり、どちらか一方の背負う負担が大きくなってしまうことはよくあります。

こうした普通の生活における「すれ違い」や「理解の低さ」は、夫婦の話し合いで解決できる範疇だと言えますし、双方の合意で離婚する場合なら裁判で争う必要性もありません。

これが、意図的に悪意を持って夫婦としての責任を放棄した場合は問題になります。

つまり、プラトニック不倫をして不倫相手との逢瀬を優先した結果、一緒に住まなかったり夫婦としての責任を果たさなかった場合、「悪意の遺棄」をしたと判断される可能性があります。

法的な表現をすると「夫婦の同居扶助義務違反」に該当し、これが離婚の原因として認められた場合には、慰謝料の請求を認める大きな判断材料の一つになるのです。

民法770条1項5号「その他婚姻を継続し難い重大な事由」

プラトニック不倫が原因で離婚へと至り、慰謝料請求へと発展するケースで最も重要な役割を果たすのが、民法が定める「その他婚姻を継続し難い重大な事由」という項目です。

基本的に「両者の同意」で離婚をする分には、全く問題無く離婚が成立します。

しかし一方が離婚を求めているにも関わらず同意が得られなかった場合や、慰謝料の請求などで合意に達さなかった場合などは、裁判で争い第三者の視点から離婚の原因と主張の正当性を判断して裁くことになります。

民法770条とは、簡単に言えば「夫婦が離婚を訴えることができる正当な理由一覧」です。

参考までに全ての理由を※簡単に記載しておくと

1項1号・・・配偶者が不貞行為をしたとき
1項2号・・・配偶者による悪意の遺棄があったとき
1項3号・・・配偶者の生死が不明なまま3年以上経過したとき
1項4号・・・配偶者が精神を病んで回復する見込みがないとき
1項5号・・・その他婚姻を継続し難い重大な事由

※原文そのままではなく一部言い回しを変えて記載

上記に該当する場合なら「離婚したい」と一方が訴えるのも仕方ないよね、という理由の一覧なのですが、夫婦生活を送る上でどのような不測の問題が起こるか判りませんから、最後の1項5号で様々なケースに対応できるようになっていることが判ります。

プラトニック不倫などは、まさに時代の流れと共に登場した新たな夫婦間における問題の一つで、法的な解釈に当てはめると1項5号に該当するか否かが慰謝料請求での大きな争点になると言えるでしょう。

プラトニック不倫をされたら配偶者はどうすべき?

続いては、配偶者にプラトニック不倫をされた立場になってしまった場合、どのような対処法があるのかを解説します。

悔しいけれど慰謝料請求が難しいのは事実

夫や妻に裏切られ、ひどく傷ついたにも関わらずプラトニック不倫の場合、慰謝料請求へのハードルが高いことは事実です。

とても理不尽な話ですが、裁判では「法的な解釈」による客観的な視点からの事実のみが争点となるため、以下の条件を満たしていないと法で裁けない可能性があります。

・プラトニック不倫が原因で「家庭の不和」が起こった証拠
・プラトニック不倫を知って精神疾患を発症した証拠(診断書など)

具体的な例を挙げると、不倫相手と頻繁にデートや食事へ出かけ家に寄りつかないケースや、プラトニック不倫が発覚してから精神疾患を発症して医師の診断書で因果関係が不倫にあることが立証された場合、などです。

証拠を徹底的に集める!

離婚をして慰謝料を請求して欲しい!と決心した場合、裁判で第三者が見た時に納得のいく証拠をとにかくかき集めることが必要になります。

例えば、不倫をしている本人が「プラトニックな関係」を主張していても、ラブホテルで過ごしている事実が発覚すれば、客観的にみれば不貞行為と判断されます。

他にもプラトニック不倫が発覚して、やめてほしいと訴えても会うのを止めずに”別居した”という事実や、精神疾患を発症したなどの診断書も大きな材料です。

第三者から見て、プラトニック不倫が明確に「家庭や夫婦関係を崩壊させた原因」だと示す事ができる証拠をとにかく集めることで裁判を有利に進められます。

冷静な話し合いで妥協点を探る

プラトニック不倫をしている配偶者と冷静に話し合う機会を設けることも重要です。

自分を裏切り他の異性と恋愛中の配偶者を前に、感情的になってしまうのは理解できますが、自分のためにも極力冷静になって話し合う事で解決への糸口が見えてくることもあります。

不倫相手と会うのをやめてほしいと気持ちを伝えるなど、プラトニック不倫によって傷つく家族がいることを知って、態度が改まる可能性も充分考えられます。

また不倫中の配偶者が「離婚して欲しい」と言ってきた場合などは、解決金(離婚をする際に支払うお金)について話し合うことで、裁判を起こさずとも慰謝料に相当する金額を得た上で離婚の合意に達する可能性もあります。

弁護士などに相談して、慰謝料の請求は難しいと判断された場合などは、解決金を相手から引き出すためにも話し合いが重要になるケースも多くあります。

別居という選択肢

同じ空間で過ごしたくない、子供に夫婦で争う姿を見せたくないなど、プラトニック不倫が発覚してから別居という文字が頭によぎる被害者は少なくありません。

しかし、経済的な問題から「別居したくてもお金が・・・」と諦めてしまう人が多いですが、実はプラトニック不倫をしている配偶者にお金を出させて別居するという選択肢があります。

子供が可哀相だから離婚はしたくない、専業主婦だから経済面で離婚の選択はできない。

離婚したい気持ちは山々だけど、現実的に離婚はできないという場合は、離婚前の別居という選択肢を考えてみてください。

夫婦である以上、例え別居をしていても収入のメインが相手である以上は、生活費などを工面する義務が法律上で定められています。

つまりプラトニック不倫が原因で別居をした場合、生活費などを請求しても良いということになります。

これらは法的には「婚姻費用」と呼ばれ、正当な権利として主張することが可能ですので、無理と諦めずに別居という選択肢もあるんだ、と心に留めておいてください。

婚姻費用の支払いを拒否された場合は、弁護士やNPO法人など相談できる所に頼りましょう。

なぜプラトニック不倫をしてしまうのか

プラトニック不倫と称して、配偶者以外の異性に心惹かれてしまう既婚者が増えているのはどうしてなのでしょうか。

プラトニック不倫をする人の心理や、共通点について知っておきましょう。

夫婦の関係性に問題を抱えている

肉体関係のある不倫でも同じことが言えますが、プラトニック不倫をしてしまう既婚者のほとんどが、配偶者に対して何らかの不満を抱えているという共通点があります。

セックスレスや喧嘩が絶えないなど、不満の原因が明らかなケースもありますが、被害者側の妻や夫が全く気付いていないケースも多いようです。

例えば服装や髪形などに全く気を使わなくなり、配偶者に”女性”や”男性”としての魅力を感じなくなっている場合や、長年連れ添ったことで恋人感覚が無くなり”家族”としか見れなくなっている場合も、プラトニック不倫に走る原因となります。

また、男性既婚者で子供がいる場合なら「母親」として子供を優先して自分が後回しにされることに、女性既婚者なら夫が仕事ばかりで構ってくれないなど、”寂しさ”が起因しているケースも多いですね。

プラトニック不倫をした方が悪いに決まっていますが、されてから後悔するのではなく、日ごろから配偶者へ配慮を忘れないという意識を持つことで、未然に防ぐことができます。

間違った倫理観をもっている

自分は悪くない、誰も傷つけたくないし傷つきたくないという稚拙な倫理観を持った人も、プラトニック不倫をする人に見られる共通点の一つです。

日ごろから、夫婦喧嘩をした時に自分勝手な理由で自分の正当性を主張するタイプはプラトニック不倫に走りやすいと言えます。

肉体関係を持ったら不倫だけど、プラトニックなら悪くない。

こんな間違った正当性を持ち、裏切られた配偶者の気持ちを想像できないタイプの人は平気でプラトニック不倫を楽しもうとしますので要注意です。

性に関する問題や不安を抱えている

本当は不倫(肉体関係)をしたいけど、セックスに自信が無かったり不安を抱えているからプラトニック不倫にとどまっているだけ、というケースもあります。

特に男性既婚者で多く見られるケースで、肉体関係を持たずに自尊心や恋愛感情を満たしてくれるプラトニック恋愛で”我慢”しているだけという可能性も考えられます。

プラトニック不倫は最低の裏切り行為と知るべき

プラトニック不倫は肉体関係が無いという事実とその名称から、罪の意識が少ないままにハマってしまう既婚者が多いですが、見る角度を変えれば「普通の不倫よりも最低な行為」です。

肉体関係のある一般的な不倫は、貞操義務違反として発覚すれば被害者は慰謝料を請求できる可能性が高いですが、プラトニック不倫の場合は立証が難しく被害者が泣き寝入りするケースが後を絶ちません。

ある意味、肉体関係がある不倫の方が対処しやすく罪と罰の関係性がハッキリしている分、プラトニック不倫の方がよほどタチの悪い裏切り行為だと言えます。

自分の夫(妻)が、他の異性と恋仲に落ちてデートをしたり愛を囁きあっているなんて考えたら、その精神的なダメージは計り知れないものになります。

プラトニック不倫であっても、その事実が発覚すれば配偶者や家族は深い悲しみを感じますし、軽はずみな行動がきっかけで家庭が崩壊してしまう恐れさえあります。

今現在、プラトニック不倫をしているのであれば、家族がバラバラになってしまう前に速やかに関係性を解消すべきです。

 

 

PAGE TOP