復縁成功パターン、復縁の可能性が低いパターン

女性からの恋愛相談
最近、別れた彼氏のことを考える時間が増えてきて悩んでいます。
普段、実生活でも恋愛相談などを人にすることはなく、復縁を考えるよりは新しい恋へ踏み出すタイプだったのですが、20代後半くらいから終わった恋を引きずることが増え、今も復縁できないかと心のどこかで考えながら文字を打っています。
ネットサーフィンも普段はしませんが、心が弱っているのか、復縁について色々と調べたりしていく中でこちらに行き着きました。
復縁に関して様々な相談を受けてきたと思うのですが、復縁成功パターンってやはりあるのでしょうか?
一概に答えが出せる話じゃないのは重々承知しているのですが、復縁に成功するケースの特徴やパターンがあれば教えていただけないでしょうか。

Eさん/女性/30代/運送業

三井ケンからの回答

復縁成功パターンや成功するケースの特徴が知りたい、というご質問ですね。
Eさんがおっしゃるように、復縁が成功するかどうか・どういう方法が良いのか・復縁を切りだすタイミングはいつか?などは、カップルの数だけ答えがあり、絶対にこれが正解という万人共通の答えは存在しません。
しかし、これまでさまざまなケースで復縁の相談を受けてきた結果、大まかにですが2つの復縁成功パターンに分類することができます。

1つは、自分でフった相手と復縁するケースで、復縁の難易度は低く成功率は高いパターン。
このケースでは、相手に未練が残っていることが多く、振られてプライドが傷ついたなど一部の例外を除いては、比較的すぐに復縁を迫っても成功しています。

2つ目は振られてから少し時間をかけて「相手に振り向いてもらう」ケース。
別れ方の印象が悪すぎる、別れた原因が改善の見込み無しなど、復縁が厳しいケースも多いですが、連絡をしない冷却期間を置いてから、少しずつ元カレとの連絡を回復していき、「やっぱり自分を理解しているのはお前だ」と思わせて復縁するケースが多いですね。
このケースで重要なのは、連絡手段を残していること・相手を尊重した思いやりを見せることで、復縁したいという気持ちが出すぎてしまうと失敗するケースが多いという傾向があります。

とはいえ、あくまでもこれは統計的にみた場合であり、もしEさんが自分の場合はどうなのだろう?と気になるのであれば、別れた経緯や今の状況などを詳しく書いて、改めて相談して下されば、より具体的なアドバイスができますのでご質問お待ちしていますね。

PAGE TOP