女性をだんだん好きになる心理は?

相手のことがだんだん好きになることってあるんでしょうか?自分で自分の気持ちがわからずに悩んでいます!自分は今、26歳でイタリアンレストランでホールを担当しています。
同じホールを担当している後輩の女性がいるのですが、最近になって彼女のことが気になっています。
悩みというのはその後輩が自分のタイプとは全然真逆だということです。自分は痩せている女性が好きなのですが、後輩はどちらかと言えばぽっちゃり系。他にも髪はロングが好きなんですが、後輩は短めのショートという具合に、見た目的には好みじゃないはずだったんです。
ところが、一緒に働き続けて1年半の間にだんだん好きになる気持ちが芽生えてきて、今ではおそらく後輩のことを好きになっているような気がします。
ただ、明確に好きだ!と言えない気もしていて、自分で自分の気持ちがわからなくなってしまっているんです。全然タイプじゃない女性をだんだん好きになることなんてあるんでしょうか?

Hさん/男性/20代/接客業

三井ケンからの回答

自分の思い描く理想の女性像とは全く異なる相手をだんだん好きになることはあるのか?というご質問ですね。
結論から先に申し上げると理想とかけ離れた容姿の異性をだんだん好きになることは、普通に起こりえることです。

特に男性の場合はその傾向が顕著で、あまり気にもかけていなかった身近な女性を気が付いたら好きになっていたというケースはとても多いものです。

「恋愛は外見ではなく中身が大切」というフレーズは、誰でも一度は耳にしたことがあると思いますが、見た目だけが異性の魅力とは限らないことは語るまでも無い事実です。

おそらくHさんは後輩の女性と職場で苦楽を共にしていく中で、話しやすい・一緒にいて楽しいと感じているのではないでしょうか?

男性が女性をだんだん好きになるきっかけとして多いのは、相手の異性と接していく中で居心地の良さを感じたり、良い意味での意外な一面を発見したときなどがあります。

男性は「論理的」や「効率的」を重視した男性性の高い考え方をする人が多いことから、相手の女性から好意を持たれると「付き合える可能性が高い」と判断して、異性として意識して気付けば好きになってしまうこともあります。

Hさんが現在感じている好意は、後輩の女性と長く接していく中で内面的な魅力に惹かれたものなので、ご自身の気持ちを素直に受け止めてアプローチをしてみてはいかがでしょうか。

見た目の理想を追うこともたしかに大事ですが、一緒にいて楽しくない女性よりは、居心地が良くてお互いを理解しあえる女性の方が長く付き合える可能性が高いですよ。

PAGE TOP