好き避けする男性の恋愛心理|特徴・内面・考え方

気になっている男性からそっけない態度や無視をされると「なぜ?」「どうして?」と悲しい気分になってしまいますよね。

しかし、好き避けをしてしまう男性も悩み、好き避けをした後で自分の言動を激しく後悔しています。

好き避けをしてしまう男性には特徴や共通点が必ずあります。

好き避けをしてしまう男性心理を理解しておくと、彼らが取ってしまう言動に振り回されることなく、上手に好き避け男子と付き合える第一歩に繋がります。

この記事では好き避けをしてしまう男性の特徴や心理状態など、好き避け男子の内面や考え方を中心に紹介していきます。

好き避け男子との関係を深めたい、付き合いたいという方は下記ページをご覧ください。好き避け男子の本音をお教えします。
>>> 【永久保存版】好き避け男子攻略ガイドブック|好き避け男子の本音、教えます。

好き避けの男性心理を知るには|好き避け男性の特徴

意中の彼がそっけない態度を取ったり、自分と話さなかったりする理由が「本当に好き避けなのか」を見極めることは重要です。

「好き避けだと思っていたら実は本当に嫌われていただけだった」ということにならないためにも、まずは彼が本当に好き避けをしているのかをチェックしてみましょう。

好き避け男性の特徴①恋愛経験が浅い

好きな気持ちを素直に表現する事が出来ない、こうした好き避け行動を取ってしまう男性の多くに、恋愛経験が少ないという共通点があります。

未熟な恋愛経験が原因でどういう態度を取れば良いのかが判断出来ず、ついつい冷たい態度や興味が無いフリをしてしまうのです。

こうした理由から、中高生~20代前半など若い世代の男性に好き避けをする人が多いという傾向が見られます。

意中の彼が若い世代で恋愛経験が浅い場合は「どうすれば良いのか分からない」から好き避けをしている可能性が高まります。

好き避け男性の特徴②状況や環境で好き避けをする

若く恋愛経験が少ない男性だけが好き避けをするとは限りません。

時には恋愛経験が豊富で落ち着いた年齢の男性が好き避けをすることもあります。

①の条件に当てはまらないのに好き避けをされている場合は、取り巻く環境やシチュエーションに問題がある可能性があります。

  • 同じ職場など、恋愛関係や好意がバレると困る状況
  • 飲み会やグループ交際など、周囲に友人や仲間が多い状況

周囲の目が気になる状況で好き避けが顕著になるケースが非常に多いです。

好き避け男性の特徴③プライドが高く恋愛観が偏っている

少し特殊なパターンの好き避けに、恋愛観や恋愛テクニックが個性的なことが原因になっていることもあります。

特にモテるという自覚がありプライドが高い男性に、こうした好き避けが多い傾向にあります。

自分に好意を持たれていることを知りつつ、あえて好き避けをして本人は駆け引きをしていると思い込んでいるので、女性側からすれば非常に厄介な相手とも言えるでしょう。

このタイプは好き避け行動を恋愛テクニックの一つだと思い込んでいるフシがあり、その恋愛方法でこれまで恋愛を成就させてしまっているので、それが正しいこととして好き避けをしています。

飴と鞭のように、優しく接したり冷たくしたりを繰り返す男性は、自分が恋愛上手だと思い込んでいる可能性があります。

このタイプの男性はプレイボーイ気質であることが多く、浮気性など他の問題を抱えていることも多いのでお付き合いを考える場合は慎重に見極めましょう。

好き避け男性の恋愛心理

一般的な好き避け男子であれば、恋愛経験の少なさや周囲にバレたくないことが原因で好き避けをしています。

恋愛経験が少ないことが原因で好き避けをしてしまう男性の場合、その心理状態は非常にシンプルです。

  • 「恥ずかしい」
  • 「嫌われたくない」
  • 「失敗したくない」

素直に好きな気持ちを表現すれば良いのですが、経験の少なさゆえに正解が分からないため、好き避けにしてしまっているのです。

周囲に好きな感情がバレるとマズいと考えて好き避けをしている男性の心理もシンプルです。

  • 「親しくすると周囲の目が気になる」
  • 「冷やかされて相手にも迷惑がかかるかもしれない」
  • 「職場で恋愛感情がバレたら問題になる」

バレたくない!という心理が働くことによって、好き避け行動をしてしまうケースがほとんどです。

また仕事に対して強い責任感を持っている男性の場合、「仕事」と「プライベート」をはっきりと区別している場合もあります。

職場ではそっけない態度でも、飲み会やランチなど業務外なら優しく接してくれる男性であれば、仕事に恋愛を持ち込まない主義だと考えられます。

恋愛上手を気取ったタイプの心理は少し複雑です。

  • 「自分からアピールするのは嫌だ」
  • 「追いかけるより追いかけられたい」
  • 「恋愛では常に優位な立場でいたい」

異常なほどに高いプライドや偏った恋愛観から好き避けをすることが多く、「好きな気持ちを男性側が見せるのは負け」というような変なこだわりを持っている人も少なくありません。

ここから好き避けをする男性が見せる具体的な行動や言動、その心理状態について解説していきます。

好き避けする男性がみせる具体的な言動とその心理

前項では好き避けする男性の特徴をタイプ別に紹介しましたが、より具体的な行動や言葉に注意を傾けると見極めの精度が高まります。

好き避けするときとしないときがある

好き避けをする男性の多くは、状況によって態度が変わります。

周囲に人がいる時はそっけない態度や冷たい言動にも関わらず、二人きりでいる時は態度が軟化したり饒舌になったりします。

同じ理由で電話やメール・LINEでは普通に接する、優しくなるのも大きな特徴の一つです。

状況で態度が変化する好き避け男子は、本心では好きなあなたと積極的に関わりを持ちたいと思っています。

しかし周囲にからかわれたり、バレたくないという気持ちも持ち合わせているため、人の目が気になる状況では裏腹な態度を取ってしまうのです。

逆に、一貫して冷たい態度や避ける行動をみせる場合は要注意です。

どんな状況でも避けてくる男性は、単純にあなたを苦手と思っていたり、想いに応えられないと考えていたりする可能性が高まります。

好き避けするくせになぜか近くにいる

好き避けする男性は、本心ではあなたのことが気になって仕方がないという心理状態です。

こちらからアクションをすると好き避けをするクセに、妙に近い場所や見える場所にいることが多くなります。

  • 喋らないのにカラオケや飲み会の席では近い位置に座る
  • 職場や学校でも気が付くと近くをウロウロする

逆に物理的にも明らかに避けてくる態度を見せる男性は「関わりたくない」と考えている可能性が高いです。

好き避け男子の本心は「関わりたい」「興味を持ってほしい」です。

本気で避けたいわけではなく、関わりたいけど関わり方が下手なだけなので、あからさまな態度で避けるようなことはしません。

好き避けする男性に話しかけたときの表情

好き避けする男性に話しかけても、会話が続かなかったりそっけない受け答えをされたりして、悲しい気分になる人は多いものです。

そんな時は話しかけたときの表情に注目してみましょう。

好き避けする男性はここまでお伝えした通り「恥ずかしい」「嫌われたくない」という心理状態です。

つまり、会話が出来て嬉しい!楽しい!という気持ちと共に、

  • 「この会話でつまらない奴と思われたらどうしよう」
  • 「変なことを言って嫌われたらどうしよう」

という感情も湧き上がっています。

その結果として、当たり障りのない返答しかしなかたり、会話を早々に打ち切ってしまったりしてしまうことが多いもの。

ですが、好きな相手から話しかけられるのは嬉しいのが本心です。

話しかけたときにソワソワしたり驚いたような表情をみせるのなら、それは好き避けをしている可能性が高まるサインです。

逆に関わりたくないと本心から思っている男性は無表情、ひどい場合は嫌悪感が表情に出ます。

好き避けする男性は「知ってほしい生き物」

普段好き避けをしてくる男性と二人きりになった、電話やLINEでゆっくり話せる、という機会は彼の本心を知るチャンスです。

もし彼が自分のことを色々と話してくるのであれば、本心は好きな気持ちで溢れています。

趣味の話、悩み、家族・友人のことなど、深い内容の話を打ち明けてくるのは「自分をもっと知ってほしい」という心理が働くからです。

嫌い避けをしている男性であれば、自分のプライベートなことは一切話そうとしません。

好き避けする男性は嫉妬深い

好き避けが状況によって起こる場合があると前述しましたが、他の異性と仲良くしていると態度が冷たくなるのも好き避けする男性に多くみられる行動です。

好き避けしているにも関わらず、自分にだけ興味を持っていてほしい!という困った心理が働きます。

他の男性と喋った、仲良くした、という時に彼の態度が冷たくなるのなら、それは強い嫉妬心が原因で起こる好き避けです。

好き避けする男性と上手に接するためには?

自分の気持ちに素直になれないのは男性だけに限った話ではありません。

「好きだからこそ避けてしまう」という矛盾した行動の裏には「好きすぎてどうしていいか分からない」という本音が隠れています。

好き避けをしてしまう男性と上手に接するには、女性側の理解と根気が大切です。

周りに人がいると態度が変わってしまうのも、女性側が「あ、周りに人がいるから恥ずかしいんだな」と理解しておけば、彼の態度で一喜一憂せずに済みます。

恋愛経験が浅く普通に会話できるようになるまで時間がかかってしまう男性も少なくありません。

彼のペースに合わせながら、根気よく彼が慣れてくるのを待ってあげましょう。

あまり積極的になりすぎると彼がプレッシャーを感じて萎縮するので、メールやLINEから少しずつ彼との距離を詰めていく方が良いでしょう。

職場恋愛などの状況が彼を好き避けさせているケースなら、ゆっくりと二人きりになれる時間を作る、女性側も職場とプライベートをしっかりと分けて考える余裕を持って接する、ということをおすすめします。

行動や言動から好き避けだと確信できれば、冷たい態度やそっけない言葉も「本心では好きなくせに」と気にならなくなるはずです。

好き避けする男性と上手に接するためにも、彼らの心理を理解して大人の対応を心がければうまくいくので、自信を持って接しましょう。

PAGE TOP