恋愛経験のなさから好き避けして後悔してしまう。自分を変えたい!

女性からの恋愛相談
男性から好意を持たれると好き避けしてしまいます。
学生時代から、恋愛に対してはかなり奥手で男性から好意を持たれていると感じてしまうと、避けてしまったり冷たい態度になってしまい、これまで何度も相手に嫌われて恋を逃してきました。
学生時代は、そこまで恋愛に対して興味も無く、気にもしていなかったのですが、社会人となり出会いが極端に減ったことで、もっと学生時代に恋愛経験をしておくべきだったと後悔しています。
というのも、少し前に大学時代の知り合いから誘われた飲み会に参加して、そこで知り合った男性からプライベートで食事やデートのお誘いを受けているのですが、好き避けの悪癖が抜けていないのか、どうしても素直に応えることが出来ず、やんわりとお断りした後に激しく後悔する毎日を送っています。
このままだと、間違いなく学生時代と同じように嫌われると思うと不安です。
好き避けでこれ以上後悔したくありません。
どうしたら好き避けする自分を変えられるのか、アドバイスがあればよろしくお願いします。

H.T/女性/20代/寝具販売店

三井ケンからの回答

学生時代に好き避けが原因で、恋愛へと発展できなかったことを後悔されている、というお悩みですが、すでにH.Tさんは「半分」は問題解決の糸口に到達されているようです。

好き避けは、周囲からどう思われるか?という不安や、照れ隠し、自分の気持ちを悟られたくないという感情が原因で起こります
端的に言えば、自己防衛の一つとして起こる現象です。

お話を聞く限り、H.Tさんは「恋愛に奥手」と自覚しているようなので、そうした恋愛が苦手な自分を知られたくないという心理が今も好き避けを起こしていると考えられます。

冒頭で解決策の「半分」には到達していると言いましたが、好き避けを克服するために必要な要素は2つあります。

一つは、自分が「好き避け」をしている自覚を持ち、原因をしっかりと認識すること
すでに、H.Tさんは好き避けを自覚しておられますので、その原因を見定めて客観的に認識することで改善されていきます。

もう一つは、自分に自信を持つこと
恋愛経験の無さや、自分の容姿や性格など、自信が持てないと好き避けで傷つかないように身を守ってしまいがちです。

自分自身の最強のサポーターは、やはり自分自身です。しっかりと、好き避けをしている原因と向き合って、新たな恋の予感に対して前向きに対処することで次第に自信もついてきます。

どうしても難しい場合は好意を持ってくれている男性の気持ちを考えてみるのも良いでしょう。
もし、自分が好きな人にこんな態度を取られたら?と、自分に置き換えて考えてからメールや発言をするように意識すれば、相手を好き避けで傷つけにくくなりますよ。

好き避けは、言うなれば精神的に「未熟」な証拠でもあります。せっかく好意を持ってくれる男性がいらっしゃるのであれば、これを機会に大人の女性として素晴らしい恋愛に発展できるように頑張ってみてください。

PAGE TOP