これって異性として好き?友達の好きと恋愛の好きの違いは?【診断・判別方法】

異性の友達と仲良くなると「友達としてすごく好きだなぁ」と実感することってありますよね。

「あれ?もしかしてこの気持ちは恋愛の好きなのかな?」

男と女という性別の違いがあるからこそ、この“好き”という感情が友達の好きなのか、恋愛の好きなのかが分からず、もやもやした気持ちになっていないでしょうか。

今回は、そんな悩みを抱える女性に向けて、

  • 男友達に対する好きが恋かそうでないかを判別する方法
  • 男友達の態度から、相手が恋心を抱いているかを判別する方法

上記2点を中心に、男友達との間に生じる“好き”について解説します。

男友達を自分はどう思っているのか?
この記事を読めば、自分でも気付かなかった男友達への恋心に気付いてしまうかもしれません。ぜひ最後までご覧ください。

友達として好き?それとも異性として好き?好きが分からなくなる女性は意外と多い

仲の良い男友達に恵まれるということは、とても素晴らしいことです。

しかし、友人として尊敬できる部分があったり、趣味や好みがバッチリ合ったりする相手だと、異性として好きなのか自分の気持ちが分からないと悩む女性は多いものです。

異性の友人関係は、一方が恋愛感情を抱いてしまうと簡単に壊れてしまうことも、悩みを大きくしていると原因と言えます。

結論から言えば、男友達に対する自分の好きがどっちなのかを判断する大まかな定義は、

  • 会いたい気持ちが常にあるかどうか
  • 相手と肉体関係を持つことが想像できるか

男友達に対して上記のような気持ちを抱いているなら、それは異性として意識していることになります。

  • 別に会えなくても気にならない
  • 男友達と肉体関係を持つなんて想像すらしたことがない

という人は、あくまでも友人として好きなのだと理解して良いでしょう。

「それでも自分の好きがどちらか判断できない」という方に向けて、より細かく自分の“好き”がどちらかを判断する方法を紹介していきます。

男友達に対する自分の好きがどちらか分かる!接する態度と気持ちで診断・判別しよう

自分が男友達に対して抱く”好き”の正体を知ることができる様々な違いを、態度・気持ちの両面からみていきましょう。

この好きは友達として or 異性として?パターン①自分の態度で診断・判別

まずは男友達と接する時にとっている、自分の態度や行動を振り返って判別してみましょう。

下記表は大きくまとめたものです。それぞれ詳しく解説していきます。

態度/シチュエーション 異性として好きである可能性が高い
男友達のことをいつ考えているか 日常で彼を考えている
男友達との遊ぶ約束の優先順位 彼を最優先している
男友達と会う時の服装や化粧 バッチリ手を抜かない
男友達とのLINEや電話の頻度 毎日のように連絡を取り合っている
男友達に送る視線 無意識に目で追っている
男友達と会った時の自分の態度 他の友人と比較して大きな変化がある
男友達と遊ぶタイミング ネガティブな時に彼に会いたくなる

男友達のことをいつ考えているか|日常で彼を考えているなら異性として好き

ただの友達なら同性・異性に関わらず、四六時中友人のことを考えるなんてことはありませんよね。

  • 共通の友人との会話で男友達の話が出た
  • 男友達を想起させる出来事があった

このような時くらいにしか、友人のことを考えたりはしないものです。

もし自分が彼のことを考えている時間が、普段のなにげない日常で多いと感じるなら、「異性として気になっている」可能性があります。

友人として好きなだけなら、何げなく彼を思い浮かべるということはありません。異性として意識しているからこそ、彼のことを考えてしまう時間が増えてしまうのです。

男友達との遊ぶ約束の優先順位|彼を最優先しているなら異性として好き

友人として彼と親しい間柄であっても、予定の優先順位によってはその約束を反故にした経験はありますか?いわゆるドタキャンなどです。

  • 「予定が重なった」
  • 「気分や体調が優れない」

彼がいくら親しい友人でも、自分が損をしたり無理をしたりしてまで、会いたいとは思わないものです。

個人の性格・考え方は人それぞれなので一概には言えませんが、もし男友達との約束を最優先しているのなら、それは異性として好きだからである可能性が高いです。

「何をおいても彼と会える機会は優先したい」

この気持ちは、彼に会いたい!という恋心があるからに他なりません。
あくまでも男友達であり、友人の一人として割り切っているのなら、無理をしてまで会おうとすることはないでしょう。

男友達と会う時の服装や化粧|バッチリ手を抜かないなら異性として好き

ファッション好き、メイク好きなど、普段からオシャレに気を使うタイプは当てはまりませんが、男友達である彼と会う時に「どれだけ外見を気にしているか」も重要です。

最低限の身だしなみを整えることは普通ですが、友人として好きなだけなら、手抜きをすることは決して珍しいことではありません。

手抜きはしないまでも、気になる異性と会う時と比べて、自分のファッションやメイクが違うのかどうか?を振り返ってみましょう。

もし好きな人に会う時と同じくらい気合いが入っているのであれば、それは「彼から良く見られたい」という願望の表れです。

男友達である彼に対して「自分が女性としての魅力をアピールしている」と感じた場合、それは異性としての好きな気持ちを持っている上に、彼から異性として良く思われたいと願っているということですね。

男友達とのLINEや電話の頻度|毎日のように連絡を取り合っていたら異性として好き

個人差は大きいですが、いくら仲が良い友達でも、普通の友人関係ならLINEや電話で連絡を取り合う機会は、多くても週に1~2回程度です。

もし毎日のように連絡していたり、気が付くと彼へLINEを送っていたりするのであれば、それは異性として好きである可能性が高いと言えます。

先述しましたが、異性として気になっている時は、特に用事が無くても連絡を取りたくなるものです。

「彼と頻繁に連絡を取り合っているかも」と思い当たるフシがあるなら、それは無自覚で彼と繋がっていたいと思っているからでしょう。

ただの友達なら1~2ヶ月連絡を取らないという状況も普通にあります。同性の友達と普段どれぐらいの頻度で連絡を取り合っているのか、比較してみましょう。

男友達に送る視線|無意識に目で追っていたら異性として好き

男友達である彼と同じ学校や職場、はたまた彼を含む大人数で遊んでいる時、彼を無意識に目で追っていませんか?

ふと気が付いた時に彼のことを見ているのであれば、それは異性として気になっている証拠です。友人として好きなだけなのであれば、必要以上に視線を送ったりはしません。

「特に理由はないけど気が付くと目で追ってしまっている」という状況は、異性として好きな彼を少しでも見たい、彼を理解したい、という気持ちがあるからと言えるでしょう。

男友達と会った時の自分の態度|他の友人と比較して大きな変化があったら異性として好き

男友達と遊んでいる時、どんな態度をとるのかも気持ちを知る大きな手がかりになります。

基本的に同性の友人と接する時と態度が変わらないのであれば、あくまでも友人として好きなだけでしょう。

彼以外に他にも男友達がいる方なら、より明確に自分の気持ちを推し測る判断材料になります。

彼と遊ぶ時だけ以下のような態度に変わっているなら、それは異性として好きな気持ちを抱いている可能性が高いです。

  • なぜかテンションが上がってしまう
  • どれだけ疲れていても彼の前では元気に振舞ってしまう
  • 彼と遊ぶ時は口数が増えてしまう
  • 気まずい瞬間がある

分かりやすく言えば、異性として気になっているからこそ、普段より張り切ってしまったり、過剰に元気に振舞ったりしている、というイメージです。

男友達と遊ぶタイミング|ネガティブな時に彼に会いたくなったら異性として好き

友達と遊ぶタイミングは、基本的にはいつでも構わないものですよね。

もし自分が落ち込んでいる時や辛い時に限って、男友達である彼に会いたいと思っているのであれば、異性として意識している可能性があります。

辛い時に励ましてくれるのも友人のありがたみではありますが、心が弱っている時に会いたいと考えてしまうのは、「彼に甘えたい」「彼に癒されたい」と無意識に思ってしまっているのでしょう。

頼りたい甘えたいと男友達に対して思うのは、友人としてではなく「頼れる男性」として彼を心の中で見ているからこそです。

この好きは友達として or 異性として?パターン②自分の気持ちから判断

男友達である彼と接している中で、自分の中に生じる気持ちや感情の動きから、「友達として好きなのか異性として好きなのか」を判断する具体例を紹介していきます。

自分の気持ち/感情の動き 異性として好きである可能性が高い
男友達と男女の仲になれるか 肉体関係を考えられる
男友達の恋愛事情が気になるか 嫉妬する
男友達と会えない時や連絡が来ない時の気持ち 落ち着かない・心待ちにしてる
男友達と遊んでいる時の気持ち 恋心に似た感情を抱くことがある

男友達と男女の仲になれるか|肉体関係を考えられるなら異性として好き

冒頭でも紹介しましたが、友人として好きなのか異性として好きなのかの大きな判断基準として、男女の仲になるイメージが沸くかどうか?というものがあります。

彼を思い浮かべて、キスや肉体関係を持つ未来を考えられますか?

あくまでも友人として好きなだけなら、それは無理だとハッキリ思えるはずです。

もし何かしらのはずみでそういう関係になったとしても、「別に嫌じゃない」「ドキドキする」というのであれば、異性として彼に魅力を感じているということになります。

どんなに仲が良い男友達であっても、異性として全く意識していなければ、男女の関係を想像するだけで「ありえない」と考えるはずです。

「まんざらでもないかも」と思えてしまった場合は、無自覚に彼を異性として意識している、魅力を感じている、ということになるので、これを機に恋心が急成長する可能性が高いかもしれませんね。

男友達の恋愛事情が気になるか|嫉妬したら異性として好き

男友達である彼の恋愛事情が気になるかどうか、これも自分の気持ちを知るための大きな要素です。

「他人の恋バナが大好物!」という方ならただの友人でもありえます。
重要なことは男友達が自分以外の女性に目が向いている時、嫉妬の感情が沸くかどうかです。

  • 彼が他の女性について話していると機嫌が悪くなる
  • 彼が自分以外の女友達と遊んでいるのを知って「なんで自分じゃないの?」と思う

上記のように感じるのであれば、異性として好きだからこその嫉妬でしょう。

友人としての嫉妬心というのもあるかもしれませんが、それは基本的に同性の友人に対して抱くものです。
ただの男友達なのであれば、誰を好きになろうが誰と遊ぼうがそれほど気にはならないはず。

嫉妬してしまうのは、異性として好きだからこそ「彼を独占したい」という独占欲があるからに他なりません。
もし男友達への嫉妬心を感じたなら、それは友人としてではなく異性として好きな気持ちだと自覚しましょう。

男友達と会えない時や連絡が来ない時の気持ち|落ち着かない・心待ちにしてるなら異性として好き

職場や学校が同じなど、毎日顔を合わせる環境ではない限り、1~2ヶ月男友達と会わないことがあっても不思議ではありません。

友人としてどんなに好きだったとしても、あくまでも友達と割り切っていれば特別に「彼に会いたい」と思うことはなく、予定が会えばその内遊びたいな程度の気持ちになることが大半です。

しかし異性として好きな場合、会えない期間が長くなると辛い気持ちになったり、彼のことばかり考えてしまったりするものです。

  • 会えないと落ち着かない気持ちになる
  • 男友達からの連絡を心待ちにしている

上記に該当するのであれば、すでに異性として彼に惹かれている可能性が高いです。

例として、彼とのLINEで返信を待っている時、返信が待ち遠しくて他のことが手に付かないようなら、それはもう異性として好き確定と言っても過言ではありません。

男友達と遊んでいる時の気持ち|恋心に似た感情を抱けば異性として好き

男友達と遊んでいる時の気持ちがどうなっているか、このシチュエーションでも判別が可能です。

  • 一緒にいて、ふとしたときにドキッとすることがあるかどうか
  • 別れ際に「寂しい」「もっと一緒にいたい」と思うかどうか
  • 大人数で遊ぶより二人きりで遊びたいと思うかどうか

上記に「ある」と答える方は、異性として好きな気持ちが強いということになります。

女性が男友達に対して感じる心地良さとは、同性の友人よりも気楽に付き合えるフランクさとサバサバした関係性でしょう。

「遊んでいれば楽しいけど、遊ぶ時間が終われば割り切ってサッと帰れる」という関係だからこそ、居心地が良いのです。

逆を言えば、異性として意識していると「もっと一緒にいたい」「二人きりで遊びたい」という感情が大きくなっていきます。

男友達の気持ちを診断・判別!私に抱いている好きはどっち?

ここまでは男友達に対して女性が抱く好きという感情の判別でした。
ここからは男友達である彼が「自分に対して恋心を抱いているかどうか」にスポットをあてて解説していきます。

もし彼がこれから紹介する行動・言動を取っていたら、あなたを異性として意識しているかもしれません。

男性が女友達を異性として見ているケース あなたを異性として見ている可能性
大人数でいると態度が変わる 高い
なぜか二人でいると声のトーンが低い 極めて高い
真剣な話やプライベートな話が多い 高い
余計なお世話が多い 極めて高い

上表の各項目を解説していきますが、まずは男女で共通している事柄から見ていきましょう。

男性が女友達を異性として見ているかどうかは「男女共通で判別できる」

男友達が女性に対して異性として好きな感情を抱いている場合、ここまで先述したような形で判別できることが多いです。つまり、男性側も異性として意識すると女性と共通した行動が見られるということですね。

簡単にリストにまとめました。

  • 遊びの誘いを断らない(多少の無理をしても都合をつけるなど)
  • 頻繁に連絡をしてくる
  • 他の男性と会ったり、好きな人の話をすると不機嫌になる
  • 二人で会おうとする
  • 大人数で遊んでいると視線を感じる

しかし、男性ならではの行動もいくつかあります。

男性が女友達を異性として見ているケース「大人数でいると態度が変わる」

女性に比べ、男性が女友達を異性として見ている時に多いのが「好き避け」に近い行動です。

「二人きりで遊んでいる時は、優しくて気遣いや雰囲気が良いけど、みんなと一緒に遊んでいると態度が悪くなる」
こういう男友達はいませんか?

そんな男性の心理は、照れ隠しや周囲に自分の気持ちがバレたくないという状態です。

もし大人数で遊ぶ時と二人でいる時で、あまりにも態度が違う男友達がいるのであれば、それはあなたに恋をしているのかもしれません。

空気を読んでテンションを使い分ける男性はたしかにいます。しかし、明らかに態度が異なるなら彼の気持ちは Like ではなく Love の可能性大でしょう。

男性が女友達を異性として見ているケース「なぜか二人でいると声のトーンが低い」

女性側の判別では、「男友達と一緒にいるとテンションがあがる」というものを紹介しました。
しかし男性側になると、逆の態度で表れることがあるので注意が必要です。

他の女友達と接している姿と自分と接している姿を比べてみて、自分と一緒の時に「明らかに声のトーンが低い」「テンションが低い」という場合は、「恋心を抱いているか」「嫌われているか」の2択となります。

単純に嫌われていてトーンダウンしているならショックですが、本当に好きな異性の前では「素をさらけ出したい」「本当の自分を受け入れてほしい」と思うものです。

男性の場合、無理にテンションを上げなくて済む居心地の良さを求める傾向が強く、異性として好きだからこそトーンダウンしている可能性があります。

男性が女友達を異性として見ているケース「真剣な話やプライベートな話が多い」

先述した「相手に自分を理解してほしい」という気持ちと繋がりますが、男友達から真剣な話やプライベートに関する深い話をされる機会が多い場合、異性として好きな可能性が高いです。

基本的に親しい友人であっても必要以上に本心をさらけ出すようなプライベートな話はしませんし、その場がシラけてしまうような真剣な話は持ち込まないことが多いものです。

ただの友達としてではなく、異性としてもっと自分を理解して欲しいと願うからこそ、好きな相手にはこうした話をしたがる傾向があります。

男性が女友達を異性として見ているケース「余計なお世話が多い」

ただの友達なのに、「そういう所は直した方がいいよ」とか「ああいうタイプの男は絶対ダメだ!」と、余計なお世話をしてくる男友達はいませんか?

もし必要以上に小言・説教が多く、真剣に叱ってくれるような態度をみせてくるなら、それは異性として大切に思っている可能性が高いです。

少し乱暴な言い方ですが、男性の多くは「女友達と割り切って考えている場合、楽しく過ごせる時間以外は興味がない」と言えます。

つまり女友達の悪い部分があっても過剰に注意はせず、勝手に恋愛して傷つく未来が見えても「自分には関係ない」と思うものです。

友人としての気遣いから優しさで注意してくれる男友達も中にはいますが、こちらが「余計なお世話」と思うほどおせっかいを焼いてくるのであれば、異性として好きだからこそ心配している可能性があると考えておきましょう。

男女の友情から恋愛に発展!これってあり?なし?

女性・男性それぞれの立場から、異性として好きと友人として好きの違いを見分ける方法を紹介してきました。

ここから男友達と恋愛関係になるのは「ありなのか」「なしなのか」という点について解説します。

男女の友情と愛情は紙一重

男友達に求める条件はなんですか?

この質問に対して、以下のように答える女性は多いのではないでしょうか。

  • 遊んでいて楽しい
  • 気を遣わなくて良い
  • 尊敬できる部分を持っている
  • 信用できる

上記は女性が恋人に求める条件と非常に似ていることが分かります。
仲が良く「親友」と呼べる男友達であるほど、恋人としての理想に近い条件を兼ね備えている可能性が高くなるのです。

外見や趣味など他の要素を重視していれば、異性として全く魅力を感じずに友情を育めるケースも多いですが、少なからず人間としての魅力を強く感じているのは確かです。

男女の友情と愛情は紙一重、それが異性の友人関係であるからこそ「どちらか一方」が恋愛感情を抱いてしまうと、その関係性が簡単に壊れてしまう儚いものなのです。

一方通行の愛情は成就しない

異性の友達との関係性を継続したいのであれば、“お互いが異性として相手を見ていない”ことが重要です。

相手はただの友達としか見ていないため、どちらか一方が異性として好きになってしまうと、その好意が迷惑となり関係性が崩壊してしまいます。

異性の友達から恋人になれる条件

男友達との友情から愛情へと変わり(気付き?)、恋人になれるかどうかは“お互いに異性として意識している”ということが条件です。

男友達である彼から思わぬ告白を受け、自分も彼のことが好きだったことにようやく気付き、恋が成就するケースもあります。
しかし、両思いでなければスムーズに恋愛へと発展しづらいことは言うまでもありません。

ここまで紹介してきた女性側・男性側それぞれの“好きを見抜く方法”を駆使して、お互いが異性として好意を抱いていると思えれば、恋愛に発展するのは必至でしょう。

異性の友情が愛情に変わり、恋人関係になることは決して「なし」ではなく、お互いの気持ちが合致すればむしろ自然な流れで恋愛に発展するものです。

まとめ

男友達に対して抱く“好き”に対して、友達として好きなのか異性として好きなのか悩んだ時、自分の行動や気持ちを客観的に分析して判断しましょう。

自分の気持ちだけでなく、男友達である彼がみせる行動・態度から“好きの種類”を判別することも可能です。

男女の友情は、「一気に恋愛へと発展する可能性」と「恋心が原因で崩壊する可能性」の両面を常に抱える不安定な関係性。
このことを意識し、どちらの“好き”だったとしても、良い関係性の維持に役立てていただければ幸いです。

あい探偵


【 チェックポイント 】
◎全国対応
◎弁護士と連携!!アフタフォローも万全
◎安心の低料金設定システム
\ 公式サイトはコチラ /
【あい探偵】
PAGE TOP